へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
更新日:2017/09/18・写真他に明記なき場合筆者
コナラ(ブナ科コナラ属)
ブナ科 Fagaceae
学名 Quercus serrata Murray (1784)。
属名の意味 (f) 古語由来:ケルト語の quer 「良質の」+ cuez 「材」=良材。男性名詞語尾(-us)の属名だが女性名詞扱いなので注意。
種形容語の意味  形態由来: 鋸歯のある
命名者  Johan Andreas Murray (1740-1791)、ドイツの植物学者。
和名の由来  ミズナラに対して、それほど大きくならないことから。『日本どんぐり大図鑑』P63
分布、生育地 

国内:北~九。海外:朝鮮半島。 生育地:日当たりのよい山野。

樹形  落葉高木。高さ20m、直径60cm、箒状、雑木林:株立が多い。成木:縦に裂け目が入る
葉  互生、枝先にやや集まってつく。葉形は先がとがった倒卵形、長さ6-15cm、質:洋紙質、縁:大形の尖った鋸歯。裏面:灰白色で絹毛・星状毛。葉柄:長さ1cm。
花・受粉  雌雄同株。4月、新葉(銀色に見える)の展開と同時に花を下垂させる。 雄花:新枝下部の葉腋から下垂させる、 雌花:新枝上部の葉腋からでる。花柱:3コ。 受粉: 風媒。
堅果・散布  堅果(動物散布):どんぐり。殻斗:鱗状。熟期:1年。
恣意的に選んだ
日本産ブナ科22種の受粉方法・殻斗
などの違い
果実の熟期
1年生(成):11種
2年生(成):11種
 (含1.5年)
殻斗
イガ状:1種
全包状:4種
鱗状一:6種
横縞状:8種
トゲ状:3種
属名 亜属  受粉 殻斗  種名
クリ   虫媒 イガ クリ
ブナ   風媒 全包 ブナ、イヌブナ
 シイ   虫媒 全包 スダジイツブラジイ
マテバシイ   虫媒 マテバシイ、シリブカガシ(1.5年生)
コナラ
常緑性
アカ
ガシ 
風媒 横縞  アカガシ、アラカシ、イチイガシ、ウラジロガシ、
オキナワウラジロガシ、シラカシ、ツクバネガシ
ハナガガシ
コナラ
落葉性
コナラ 風媒    アベマキ(トゲ状ウバメガシ常緑
カシワ(トゲ状)、クヌギ(トゲ状)コナラ
ナラガシワ、ミズナラ 
殻斗:例外は( )。コナラ亜属の内、ウバメガシのみ常緑。下線は2年生。例外は( )
昆虫との関係  樹林性のシジミチョウの仲間、ミズイロオナガシジミ、アカシジミなどの食樹。
用途 緑化樹:紅葉も美しいので株立ちを公園樹、庭木として利用★下写真参照。材:家具、器具、薪炭、しいたけの原木。落葉・枝:堆肥、煮出して染色。
雑木林  かつての井荻村では、多くの斜面に深根・直根性(土砂崩防止効果)のクヌギ・コナラを短伐期(15-20サイクル)で萌芽更新した雑木林があった。残っているコナラはわずか。
参考図書  『樹に咲く花①』229、勝山輝男、2001、㈱山と渓谷社、 
『日本どんぐり大図鑑』徳永桂子、2006、偕成社、P62~66、
『武蔵野』国木田独歩㈱新潮文庫。

コナラ関係  

: 「善公園」の本種は古木・暗い環境に数株あるだけ。上写真は若木。千川上水縁で撮影:2012/11/29

コナラの芽吹き: 遠目に銀いろに近い緑がコナラ、遠目に金色に近い緑がクヌギ。撮影:2012/04/15

葉表: 枝端に集まってつく。葉形は先がとがった倒卵形、縁には鋭い鋸歯がある。区内で撮影: 2012/08/27

葉裏: 灰白色で毛がある。区内で撮影: 2012/08/27

コナラの雄花: 下垂する。区内で撮影:2013/04/14

コナラの株立:コナラの株立ちが緑化に使われている。紅葉が素晴らしい。区内集合住宅で撮影:2012/12/08

コナラの堅果(どんぐり):意外に大きく、細長い。撮影:2012/10/29

樹皮: 成木:縦に裂け目が入る。区内で撮影
 
コナラの紅葉: 区内の共同住宅で撮影:  2010/12/12

武蔵野を代表する雑木林はクヌギ・コナラ中心の落葉広葉樹
武蔵野の雑木林の目的:燃料としての薪・炭づくりと、畑で使われる堆肥(雑木林から出る落葉と落枝からつくる)。 樹種: 薪炭用にクヌギ・コナラなどの落葉広葉樹が主に使われた。
雑木林を保全した公園: 昔しの雑木林のクヌギ・コナラが見られる杉並区北西部にある公園: 都立善福寺風致公園:以下「善公園(善福寺2~3丁目))、区立どんぐり山公園(上井草3-4番)、区立井荻公園(西荻北4-38)、区立瀬戸原緑地(井草2-17)。

『武蔵野』国木田独歩©㈱新潮文庫:第6章冒頭に、桜橋近くのこと(現「独歩の森」近辺)が書かれている

萌芽更新の証拠の二股: コナラ中心の雑木林が、現在は武蔵野市の「独歩の森」として保全されている。

国木田独歩の『武蔵野』のモデルとなった、かっての雑木林独歩の森」。近くには玉川上水の独歩橋もある。
NEW 杉並区北西部に残るクヌギ・コナラが見られる公園 2017/09/18 掲載

区立瀬戸原緑地の二股コナラ。同地で撮影: 2017/08/27

区立どんぐり山公園の二股コナラ。同地で撮影。2017/08/27

区立井荻公園のクヌギ。同地で撮影。2017/08/30

 ゼフィルス(樹上性のシジミチョウ)の減少の一因はクヌギ・コナラの雑木林が減少したから
ゼフィルス(Zephyrus)とは: 樹上性のシジミチョウのことで、ギリシャ語で「西風」、「西風の妖精」といわれ、大形の美しいシジミチョウが多いことから、愛好家が多い。近隣で見られるのは、クヌギ・コナラの雑木林を生息地としていたアカシジミウラナミアカシジミミズイロオナガシジミの3種。
減少の理由: 上記3種のゼフィルスの幼虫が食べる食餌植物はクヌギ・コナラの葉。戦後、急速に進んだエネルギー革命で炭の消費が減少し、その原材料だったクヌギ・コナラの雑木林が宅地開発で失われ、そこを生息地としてきた上記ゼフィルスも減少してきた。また、蜜源植物クリ等の花など)がセットで生育していないと生息できない。『レッドダータブッック東京2013』では、クヌギ・コナラを含む雑木林の保全と、それの連続性を保つことが需要であると記されている。
 
ミズイロオナガシジミ(都RD2013「留意」種: P556):『杉並区自然環境調査報告書第6次』では、東部、中部、南部で確認され、西部、北部では確認されていないが、「善公園で2010/06/12・浅野井律子氏が撮影している。

アカシジミ:(都RD2013「DD]種: P556)。『杉並区自然環境調査報告書第6次』では南部のみで確認された。左同様、クヌギ・コナラの雑木林を生息域とする。高久氏の記録では、成虫はクリの花に来ている。玉川上水三鷹市区域で撮影:2011/05/31・高久晴子氏

ウラナミアカシジミ:(都RD2013「CR+EN」種: P556)。『杉並区自然環境調査報告書第6次』では確認されていない。ところが、山田 宏氏が「善公園で撮影に成功された。2016/06/02・山田 宏氏 

ミズイロオナガシジミ。: 撮影:「善公園」で・2016/06/26 

クリの花で吸蜜するアカシジミ:撮影・高久春子氏
 
クリの花で吸蜜するウラナミアカシジミ:撮影:2011/06/07・高久春子氏 

NEW春直物などの減少の一因は、盗掘と雑木林が関係している 
春植物(春の妖精)とは: 「春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称」wiki.「スプリング・エフェメラl」2017/09/17閲覧)。杉並区内で見かける春植物はわずかだが、ニリンソウがあります。
クヌギ・コナラの根が菌根菌と共生しているキンラン・キンラン:「キンランの人工栽培はきわめて難しいことが知られているが、その理由の一つにキンランの菌根への依存性の高さが挙げられる。・・・自生地からキンランのみを掘って移植しても5年程度で枯死してしまう」。「理論上は菌根性樹木・菌根菌・キンランの三者共生系を構築すれば栽培が可能である」が、「技術上解決しなければならない問題点が多い」とのこと(wiki.「キンラン」:閲覧:2017/09/17)。  ★本サイトキノコ」、6菌根菌を参照下さい。
*『レッドデータブック東京2013』の下段の植物では「園芸目的の採取に対するマナー啓発を行うことが望ましい」とあります。区内で世代を重ねてきた貴重な植物を、どうか見守っていただきたいです。

ギンラン(*都RD2013「VU」種: P274):区内で撮影

キンラン:(*都RD2013「VU]種: P275。野川公園で撮影。

ニリンソウ:(*都RD2013「NT」種: P91)。区内で撮影 

カシワ:学名:Quercus dentata Thunb.(1784): 種形容語の意味:形態由来で葉が「歯状の」

:カシワの葉は大きい。区内で撮影:2013/05/14

果実(1):殻斗が独特。小金井公園で撮影:町田三郎氏2014/09/14

果実(2):小金井公園で撮影:町田三郎氏2014/09/14
柏 餅  (何の葉で包む)
 日本自然保護協会『自然保護』No.539(2014年5・6月号)P22「ちまきとかしわもち何の葉で包む」服部 保。
分布:カシワ: 北海道~九州、サルトリイバラ: 北海道~沖縄。
サルトリイバラ・カシワの調査(全国224地点での調査結果)127地点がサルトリイバラ、57地点がカシワ。  
 
端午の節句:柏餅(1):「カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」(wiki)。撮影:2013/05/05

端午の節句:柏餅(2):カシワの葉が使われる地方と、サルトリイバラが使われる地方がある。撮影:2014/05/03

下段のサルトリイバラの葉:カシワ、サルトリイバラの葉の輸入量が多いとの情報がある。下団子の葉は緑色、褐色、大きさもバラバラで、鹿児島で採集した感じがした。
                     端午の節句:鹿児島県のかからん団子 撮影: 2014/11/02
サルトリイバラ(山帰来)の葉が殺菌効果があるので使われたとのこと。食すと、病気に「かからん」?
鹿児島県のアンテナ店「遊楽館」: 東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル、TEL(03)3580-8821で購入。    
   

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.