へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
更新日:2014/11/02・写真他に明記なき場合筆者
コナラ(ブナ科コナラ属)
ブナ科 Fagaceae
学名=属名+種形容語 Quercus serrata Murray (1784)。
属名の意味 (f) 古語由来:ケルト語の quer 「良質の」+ cuez 「材」=良材。
・男性名詞語尾(-us)の属名だが女性名詞扱いなので注意。
種形容語の意味  形態由来: 鋸歯のある
命名者  Johan Andreas Murray (1740-1791)、ドイツの植物学者
和名の由来  ミズナラに対して、それほど大きくならないことから。『日本どんぐり大図鑑』P63
分布、生育地 

国内:北~九。海外:朝鮮半島。生育地:日当たりのよい山野。

樹形  常緑高木。高さ20m、直径60cm、箒状型、雑木林:株立が多い。成木:縦の裂け目が入る
葉  互生、枝端にやや集まってつく。葉形は先がとがった倒卵形、長さ6-15cm、質=洋紙質、
縁=大形の尖った鋸歯。裏面=灰白色で絹毛・星状毛。葉柄=長さ1cm。
花・受粉  雌雄同株。4月、新葉(銀色に見える)の展開と同時に花を下垂させる。
雄花:新枝下部の葉腋から4-6コ下垂、雌花:新枝上部の葉腋からでる。花柱=3コ
受粉: 風媒。
堅果・散布  堅果(動物散布):どんぐりらしいどんぐり。殻斗:鱗状。熟期:1年。
恣意的に選んだ
日本産ブナ科22種の受粉方法・殻斗
などの違い
果実の熟期
1年生(成):11種
2年生(成):11種
 (含1.5年)
殻斗
イガ状:1種
全包状:4種
鱗状一:6種
横縞状:8種
トゲ状:3種
属名 亜属  受粉 殻斗  種名
クリ   虫媒 イガ クリ
ブナ   風媒 全包 ブナ、イヌブナ
 シイ   虫媒 全包 スダジイツブラジイ
マテバシイ   虫媒 マテバシイ、シリブカガシ(1.5年生)
コナラ
常緑性
アカ
ガシ 
風媒 横縞  アカガシ、アラカシ、イチイガシ、ウラジロガシ、
オキナワウラジロガシ、シラカシ、ツクバネガシ
ハナガガシ
コナラ
落葉性
コナラ 風媒    アベマキ(トゲ状ウバメガシ常緑
カシワ(トゲ状)、クヌギ(トゲ状)コナラ
ナラガシワ、ミズナラ 
殻斗:例外は( )。コナラ亜属の内、ウバメガシのみ常緑。下線は2年生。例外は( )
昆虫との関係  樹林性のシジミチョウの仲間、ミズイロオナガシジミ、アカシジミなどの食樹。
用途 緑化樹:株立ちを公園樹、庭木として利用(下写真参考)
□□:家具、器具、薪炭、しいたけの原木、
落葉・枝:堆肥、煮出して染色
雑木林  かつての井荻村では、多くの斜面に深根・直根性(土砂崩防止効果)のクヌギ・コナラを短伐期(15-20サイクル)で萌芽更新した雑木林があった。残っているコナラはわずか。
参考図書  ・『樹に咲く花①』229、勝山輝男、2001、㈱山と渓谷社 
★サイト『ゑれきてる』生原喜久雄:http://elekitel.jp/elekitel/index.htm
・『日本どんぐり大図鑑』徳永桂子、2006、偕成社、P62~66
・『武蔵野』国木田独歩㈱新潮文庫



「公園」の本種は古木・暗い環境に数株あるだけ。上写真は若木。
千川上水縁で撮影:2012/11/29

コナラの芽吹き
遠目に銀いろに近い緑がコナラ、
遠目に金色に近い緑がクヌギ。
撮影:2012/04/15

葉表
枝端に集まってつく。葉形は先がとがった倒卵形、縁には鋭い鋸歯がある。区内で撮影: 2012/08/27

葉裏
灰白色で毛がある。
区内で撮影: 2012/08/27

樹皮 
成木:縦に裂け目が入る
区内で撮影

コナラの株立:コナラの株立ちが緑化に使われている。紅葉が素晴らしい。区内集合住宅で2012/12/08

コナラの堅果(どんぐり)
意外に大きく、細長い。
撮影:2012/10/29

ミズナラの葉:コナラより大きく、カシワより小さい。葉柄がないのが特徴。野川公園で・2011/05/11

ナラガシワ?
残念、ナラガシワ X ミズナラ、とのこと。撮影: 2012/11/15 

カシワ:学名:Quercus dentata Thunb.(1784): 種形容語の意味:形態由来で葉が「歯状の」

:カシワの葉は大きい。

区内で撮影:2013/05/14

果実(1):殻斗が独特。
小金井公園で撮影:町田三郎氏2014/09/14

果実(2)
小金井公園で撮影:町田三郎氏2014/09/14
柏 餅  (何の葉で包む)
 日本自然保護協会『自然保護』No.539(2014年5・6月号)P22「ちまきとかしわもち何の葉で包む」服部 保。
分布:カシワ: 北海道~九州、サルトリイバラ: 北海道~沖縄。
サルトリイバラ・カシワの調査( 全国224地点での調査結果)127地点がサルトリイバラ、57地点がカシワ。  
 
端午の節句:柏餅(1):「カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」(wiki)。
撮影:2013/05/05

端午の節句:柏餅(2):
カシワの葉
が使われる地方と、  
サルトリイバラが使われる地方がある。
撮影:2014/05/03

下段のサルトリイバラの葉
カシワ、サルトリイバラの葉の輸入量が多いとの情報がある。下団子の葉は緑色、褐色、大きさもバラバラで、鹿児島で採集した感じがした。
                     端午の節句:鹿児島県のかからん団子 NEW
サルトリイバラ(山帰来)の葉が殺菌効果があるので使われたとのこと。食すと、病気に「かからん」?
鹿児島県アンテナ店「遊楽館」: 東京都千代田区有楽町1-6-4千代田ビル、TEL(03)3580-8821で購入。
  撮影: 2014/11/02  
   

武蔵野を代表する雑木林:樹種はクヌギ・コナラが中心武蔵野市の「独歩の森」

『武蔵野』国木田独歩©㈱新潮文庫:第6章冒頭に、桜橋近くの右写真「独歩の森」のことが書かれた

萌芽更新の証拠の二股
コナラ中心の雑木林が、現在は武蔵野市の「独歩の森」。2013/04/14

国木田独歩の『武蔵野』のモデルとなった、かっての雑木林
独歩の森」で撮影:2013/04/14
コナラ・クヌギなどの雑木林に生息するゼフィルス  
 
ミズイロオナガシジミ: 
『杉並区自然環境調査報告書第6次』では、東部、中部、南部で確認され、西部、北部では確認されていない。
。区内で撮影:2010/06/12・
浅野井律子氏

アカシジミ
『杉並区自然環境調査報告書第6次』では南部のみで確認された。左同様、雑木林を生息域とする。高久氏の記録ではクリの花に来ている。玉川上水三鷹市区域で撮影:2011/05/31・高久晴子氏
ゼフィルス(Zephyrus): 
樹上性のシジミチョウのことで、「西風」、「西風の妖精」、「空飛ぶ宝石」ともいわれ、大形の美しいシジミチョウが多いことから、マニアが多い。近隣で見られるのは、
食草:      種 名
ハンノキ:  ・ミドリシジミ
クヌギ・コナラ:
□□□□□アカシジミ
    ・ウラナミアカシジミ
□□□□□ミズイロオナガシジミ
区第6次調査で確認されているのは、左の2種まで。どんなに望んでも、幼虫が食べる上述の食餌植物と、成虫の蜜源となるクリ等の花が咲いていないと生息できない。

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.