へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2014/07/01・写真:他に明記なき場合筆者
チガヤ (イネ科チガヤ属) 草本
イネ科 Poaceae
学名=属名+種形容語 Imperata cylindrica (L.) Raeusch. var. koenigii (Retz.) Pilg.
属名の意味 (m) 人名由来:イタリアの博物蒐集家 Ferrante Imperato (1525? –1615?)へ献名
種形容語の意味  形態由来: 「円柱状の」、「円筒形の」。「koenigii」はチガヤ
命名者  リンネ、Ernst Adolf Raeuschel (ドイツの植物学者)、他不明
和名の由来  千のカヤ(茅・萱:ススキなど屋根を葺く材料の総称)からとされる。
分布、生育地 国内:北~沖。国外:アジア大からアフリカの草原に広く分布。北米にも帰化している。
生育地:日当たりのよい草原、空地など。
草本 多年生。長く這った根茎があり、大きな群落をつくる。茎は30-70cm。
線形で、2-3枚。縁はザラつく。
花・受粉 両性花。5月頃頂端に円錐花序をつける。花序が短く中軸に沿って立つので、円柱状に見える(学名の種形容語はここからか?)。小穂は短柄の1コと長柄の1コが対をなし、基部に長い絹毛が多く、花序全体が白毛におおわれて見える。受粉:風媒
果実・散布 穎果(えいか):白い毛が生えて全体が白っぽくなる。風散布
用途 護岸の土留め: 地下茎をしっかり伸ばし、土をつかむので畦道/護岸の土留め用。
茅葺屋根の材料:茎葉を乾燥させて茅葺屋根の材料にされた。
端午の節句の粽(ちまき):チガヤで包み「茅巻き」と呼ばれたとか(下写真参照)。
カゴの材料: 茎を乾燥させてつくるカゴは民芸品になっている(下写真参照)。
子供のおやつ:若い花序は「つばな」と呼ばれ、甘いので子供がかじり甘さを感じた。
茅の輪:6/30、神社の夏越の祓の行事で使かわれる(下写真参照
七夕馬:杉並区・練馬区で七夕馬として使われる材の一つはチガヤ下写真参照)。 もう一つの材料、マコモの七夕馬は本HPのここをご参照下さい。
参考図書  ・『植物の世界117』P10-276、小山鐵夫、1996、朝日新聞社
・『野に咲く花』P583、


風に揺れるチガヤ

区内で撮影:2014/05/10

チガヤの冠毛が風に揺れる
区内で撮影:2014/05/16

チガヤの花に訪花する虫
画像「福原のページ」©福原達人氏

チガヤ:伝統行事と伝統民具 NEW
夏越祓(なごしのはらえ):杉並区大宮八幡宮で2014/06/30:茅の輪潜り(ちのわくぐり)での報告
氏子がチガヤで作られた大きい輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って、半年の罪や穢れ(けがれ)を祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事。下写真(1)は半年の罪や穢を布を裂いて祓い清める。(2)は清められた大祓人形を船に乗せ、大海原へ持ち出す儀式。(3)~(6)は茅の輪を3回通る儀式。神話では茅の輪を腰につけて災厄から免れたとされ、茅(チガヤ)の旺盛な生命力が神秘的な除災の力を有すると考えられてきた。(参考:ウィキペディア)
チガヤは古くから上述「用途」に記したように、様々に使われてきた。銀色の尻尾のようなイネ科の植物が風に揺れる姿は風情がある。区内で今でも注意して探すと、空地などで見つけることができる。

夏越しの祓ひ:茅の輪(1)

夏越しの祓ひ:茅の輪(2)

夏越しの祓ひ(3)

夏越しの祓ひ(4)

夏越しの祓ひ(5)
夏越しの祓ひ:茅の輪(6)

夏越しの祓ひ:茅の輪の上に
設置されていた歌

杉並区大宮八幡宮で撮影:2014/06/30 

茅の輪のお守り:神社で行われる夏越の祓なごしのはらえ)のお守り。詳細は本HPの「井草八幡宮」のここをご参照下さい。
撮影:2013/06/30
 
茅巻き(粽):
今は笹が使われるが本来チガヤの葉で餅を巻いたので 茅巻からきた名とされる。関連写真は本HPここ。撮影:2013/05/05
 
ちゃが馬七夕:「練馬で古くから伝わる七夕行事としてチガヤで馬を作る風習があった」©STUDIOCUB

チガヤのカゴ類:画像:©沖縄県立博物館:http://rca.open.ed.jp/
city-2000/house/word/d_017.html

チガヤ工房で体験できるカゴ作り。画像:©宮古島市体験工芸村:http://miyakotaiken.com/43.html 

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.