へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/01/30・他に明記なき場合筆者
マコモ(イネ科マコモ属)草本
イネ科 Poaceae
学名=属名+種形容語 Zizania latifolia (Griseb.) Turcz. ex Stapf (1909)
属名の意味 (f) G名由来: キリシャ(G)名のZizania(麦畑の雑草)に由来
種形容語の意味  形態由来:  lati 「広い」+folia 「葉の」
命名者  ・Nicolai Stepanowitsch Turczaninow (1796 - 1863) ロシアの植物学者
和名の由来  ・長い幅広の葉で菰(こも:粗いむしろ)を編んだことから「真菰」となった。
分布・生育環境 国内:全土。国外:東南・東アジア。生育環境: 沼沢地、河川の周辺に群落をつくる。
多年草 稈は高さ=1-3m程。長い根茎を伸ばす。
線形。葉脈は平行。幅が広い。葉の下部は空気を含み水に浮きやすい構造。

8月から10月にかけて花序を形成する。花序:円錐花序の上部に雌花穂、下部に雄花穂をつける。

用途  :むしろにした。
食材(1):黒穂菌(くろぼきん)の一種に寄生された幼苗が肥大化し、マコモタケ(真菰筍)と呼ばれる食材として販売されている(下写真参照
食材(2)
北米産アメリカマコモの種子はワイルドライス下写真参照)。
貴重
『すぎなみの注目動植物』(2006杉並区)「区内では善福寺川で生育が確認」。
マコモは東京都の絶滅危惧種: 「区部:準絶滅、北多摩:準絶滅、南多摩:絶滅II類、西多摩:Dataなし」です。「もともと区部の低湿地を除き分布が少ない」(「レッドデータブック東京2013」P250、東京都環境局発行)。
井荻村の七夕馬  杉並区北西部(かつての井荻村)の農家では、七夕の日にマコモで七夕馬を作り、ご先祖様をお迎えする。その詳細は★本サイト地元学七夕馬」。
参考文献  ・『植物の世界121』P11-4、小山鐵夫、1996、朝日新聞社

 
安定帯(高水敷より上)/半安定帯(高水敷)/半安定帯(中水敷)/低水路
水辺のエコトーン(移行帯):水域・陸域へ移行する環境
 水辺のエコトーンマコモ)
マコモは「抽水植物」で、左図では根が水中にある中水敷。などで見られる。
画像:©国土交通省関東地方整備局
参考資料: 「水辺のエコトーン」:
桜井善雄「水辺の自然環境」1994

マコモの群落
水生植物で、根は水中にある「抽出植物」。雨の日に
撮影:2013/07/29

マコモ
水中では魚類など、地上では水生昆虫、鳥類などの生息地になっている。撮影:2013/05/27

「下池」初冬の風景
上写真中左:ヨシ(アシ)・右マコモ、上中央:メタセコイア・ラクウショウ。撮影:2012/12/10

 水生植物があるから下池では様々な水生生物たちが生息できる 

バンの幼鳥
撮影:高久晴子氏

カイツブリがアメリカザリガニを捕食中:撮影:高久晴子氏

水浴びするゴイサギ
撮影:高久晴子氏

カルガモの親子
2008年頃までは「下池」で繁殖していたが、最近は見かけない。


撮影:鳥川 豊氏 

蚊の科学』荒木 修、2007
©㈱日刊工業新聞社
蚊の天敵P25:コウモリ、鳥など、クモ、ヤモリ、メダカ、フナ、オタマジャクシ、カエル、トンボ、ヤゴなど」。蚊の天敵のトンボを街作りに利用した例も紹介されている。

追羽根
(お正月遊びに使われた)羽子=
トンボ。追羽根はムクロジの果実の黒い核+鳥の羽根で作り、病を運ぶ蚊に子供が刺されないよう、蚊を食べるトンボの姿に作られたとされる。撮影:2010/10/15
                「公園」で見かけた主なトンボの生息に必要な環境など
 生息環境(性) 産卵方式(型)  種名
開放水面  打水産卵  ウチワヤンマ 
湿地・小池沼 打水/泥産卵 オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、アカネ系 
植生豊な池沼  打水産卵 チョウトンボ (高久氏が201/07/16に下池で確認)
植生豊な池沼  植物組織内  ギンヤンマ 
木陰の多い池沼  植物組織内  オオアオイトトンボ 、モノサシトンボ (2013/07/29、下池で5年ぶりに確認)
木陰の多い池沼  植物上  コシアキトンボ 
流水  植物組織内  ハグロトンボ (2013/07/29、下池で6年ぶりに確認)
 参考図書:『杉並区自然環境調査報告書第五次』2008、杉並区、P85

チョウトンボ:産卵中。杉並区内で撮影2013/07/18・高久晴子氏

オオアオイトトンボ
撮影: 2011/10/16

コシアキトンボ雌の羽化:上部にヤゴの抜殻ある。撮影:2011/05/23

モノサシトンボ 
撮影: 2013/07/29

ハグロトンボ:撮影:07/06/18
確認:2013/07/29 
 
ナツアカネ?
撮影: 2012/09/05

オオシオカラトンボ:上雄・下雌
撮影: 高久晴子氏

ウチワヤンマ 
上池で撮影: 高久晴子氏
 
産卵するギンヤンマ
撮影: 高久晴子氏

食材としてのマコモ
マコモタケ(マコモダケ)を通販で購入(2013/10/24)購入先: ★ここ
マコモタケとは: マコモが「筍状に肥大した根元の部分をマコモタケと呼んでいます」。「黒穂菌(クロボキン)という菌に寄生されることにより肥大化するのですが、この黒穂菌は熟してくると黒い斑点のように現れ、古くからお歯黒や漆器の顔料として使われていたそうです」。
マコモタケの料理(1): 2013/10/27、NHK朝の「旬体感」アナウンサ-が「とうもろこしのような甘みがある」と表現していた。番組では、生で、葉を粉にして、そば、ケーキ、てんぷら用の粉として様々な例を放送した。
マコモタケの味(2): NEW 2014/11/14、NHKの「キッチンが走る」でマコモタケを食材にしたテリーヌとポタージュが紹介された。問い合わせ先: 道の駅「厳美渓」、岩手県一関市厳美町字沖野々220-1、TEL:0191-29-2000。販売:9月から2ヶ月ほど。   

 送られてきたマコモタケ(1)19本
撮影: 2013/10/24

皮をむいたマコモタケ(2) お試し版で細身だった。撮影: 2013/10/24

マコモタケの天ぷら
撮影: 2013/10/24
  アメリカマコモ(Zizania aquatica):別名:ワイルドライス
「ワイルドライス(ジザニア・アクァティカ):「イネ科マコモ属の草の実。ミネラル分の豊かな水辺に自生しするマコモダケの種子」(出典:★サイト「アメリカ食材辞典」)。
北米在住の姉を訪問した際、このワイルドライスのサラダを作ってくれたことを思い出し、作ったのが下写真 

 ワイルドライス(1)
KALDI Coffee Firmで購入。

ワイルドライス(2) 
撮影: 2013/07/29
 
ワイルドライス入りサラダ
撮影: 2013/07/29

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.