へ > 
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日:2015/04/23・写真:他に明記なき場合筆者。
本頁の下部に区内で見られる他モクレン科の植物
モクレン科

Magnoliaceae 

学名 Magnolia obovata Thunb. (1794)
属名の意味  人名由来: フランスの植物学者 Pierre Magnol (1638-1715)に由来
種形容語の意味  形態由来: 「倒卵形の」
命名者 Carl Peter Thunberg左青地の上でクリックすると「植物学名命名者」へ
和名の由来 ホオ「包む」から
分布、生育地  国内:北~九、南千島。生育地:丘陵、山地
樹形  落葉高木。高30m。冬芽:キャップ状の鱗芽に包まれる。
葉 

互生。葉は大形、先は鈍形、縁=鋸歯なし、表面=つやあり、裏面=白灰色、毛が散生、柄=長さ2-4cm

花・受粉

両性花。5月、芳香ある直径 約15cmの白花を若枝の先から上向きにつける。
花被片:9-12コらせん状に配置、外側3枚=萼(がく)状、残りの花被片は乳白色。花被片の中心に多数の雄しべと雌しべが松かさ状につく。
雄しべ:花糸部分は赤色、葯に当たる部分は乳白色。
雌しべ:花柱は暗赤色。萼と花弁の違いが明瞭でない。  受粉:虫媒

果実・散布 独立した袋果が集まった集合果。色は赤褐色、長さ10-15cm。袋果の中には長さ1cmの赤い仮種皮を被った種子が2コ/1コ入っている鳥散布。
用途 :緻密・軟らか・狂いやひび割れが少ないので:家具、ピアノなどのキー、漆器の木地、曲物、箱、刀鞘、彫刻、版木など。
料理関連:岐阜県高山名産の「朴葉味噌」、木曽福島の伝統食「ほお葉巻き」や、他に皿などとして食器のように、また、包装として使われた。
参考図書  ・『樹に咲く花・離弁花①』P380、勝山輝男、2000、㈱山と渓谷社



ホオノキは花・葉・冬芽が大きく、目立つので、皆が注目する植物の一つ。区内で撮影:2012/08/27

花の大きさ(直径15cm)に圧倒される。区内で撮影:2013/05/03


左の花を翌日も撮影に行った。区内で撮影:2013/05/04

大きな葉が落ちていた
新宿御苑で撮影:2010/11/23

日本最大の冬芽
区内で撮影:2013/03/21

葉の展開(1):芽鱗を脱ぐ。 
撮影:2015/04/17

葉の展開(2):反対側下に落ちそうな芽鱗が見える・托葉が開く。区内で撮影:2015/04/17(右2つの写真を含) 

 葉の展開(3):最初の托葉が落ちそう・葉2枚とその内側の托葉2枚が見える。
 
葉の展開(4):次々に葉と托葉が開く。ホオノキノ・葉の展開は・花みたい。

:「長さ30-45cmにもなる大きな倒卵状楕円形の葉をもつ木は日本には他にない」(大場秀章)。区内で撮影:2013/05/03

赤くなってきた果実
区内で撮影:2014/09/08
 
落ちていた果実
区内で撮影:2014/09/28

朴葉巻 (ほうばまき) 再編集  
 朴葉巻(ほうばまき): 長野県木曽地方の郷土菓子で「6月初旬の旧暦の端午の節句には、餅を包んだ朴葉巻(朴葉餅)に使われる。採りたての朴の木の若葉に中身を包んで蒸すから、野趣に富んだ香りよい餅菓子となる」★サイト「農水省」>日本の郷土食。
日本自然保護協会『自然保護』No.539(2014年5・6月号)P22「ちまきとかしわもち何の葉で包む」服部 保、では、餅菓子を身近な植物の葉で包んだ調査結果が掲載されている。  
 
木曽福島の伝統食「ほお葉巻き」(1):米の粉を練った餅にあんを包み、朴(ほお)の葉で包んだ和菓子。

「ほお葉巻き」(2)
左写真を一つとって、左右写真を含み撮影:2010/07/27

「ほお葉巻き」(3)
御嶽山登山後、木曽福島で購入。左写真を開いて撮影。

区内で見られる他モクレン科の植物(但し、コブシ本HP「か行」で報告しているので除く。
上「コブシ」の上でクリックすると、そのページへジャンプします)  

ウンナンオガタマノキ:花の大きさはコブシの花と同じ程。かなりの芳香を持ち、花期がコブシに比べて長い。区内で撮影:2013/03/17

ウンナンオガタマノキ
葉表と葉裏: 区内で撮影:2013/03/23

 オオヤマレンゲ
高木で雄しべの色が見えない!葉裏が白い。芳香がある。区内で撮影:2011/06/28

ホソバタイサンボクの看板:右写真の樹は街路樹に使われていて、上写真の看板がついていた。

ホソバタイサンボク:雪で多くの枝が折れた。常緑樹は重い雪に弱い。区内で撮影:2010/06/15

オオヤマレンゲの果実:
区内で撮影:2014/09/08

タイサンボク: 常緑高木で大形の花。区内で撮影:2013/06/14 

シモクレンの看板:
区内で撮影:213/05/15
 
シモクレン: 井草八幡幼稚園まえで撮影:2015/03/27

カラタネオガタマ(トウオガタマ): 「中国原産の常緑小高木で、明治時代中期に渡来した。枝を神前に供えて拝む招霊が変化したのが名の由来です」。新宿御苑で撮影

カラタネオガタマ(トウオガタマ): 夕方になると開花し、バナナに似た香りを辺りにただよわせる小高木.。芳香が人気で共同住宅の植栽で見かける。区内で撮影:2013/04/29 
 
カラタネオガタマ(トウオガタマ): 蕾の中: 属名はオガタマノキ属(学名:Michelia figo)。新宿御苑で撮影:2014/05/22

ハクモクレンMagnolia denudata Desr.、種形容語の意味は「露出した」、区内で撮影:2014/03/21-23  

冬芽(コート)が蕾を守っている

冬芽(コート)を地面に落した

冬芽(コート)を脱いで蕾が!

蕾が開き始めた

咲いた:2014/03/23

花の内部:雌性先熟

へ > 
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.