最新更新日:2020/09/30。 他に明記なき場合、画像は©筆者
写真俳句メニュー
はじめに  春の写真俳句 夏の写真俳句  秋の写真俳句 冬の写真俳句
  掲載俳句
 新規掲載には「n]が入ります。横行:季節順・縦列:年月日で上が最新。
1~10: 2019年度、11~
: 2020年度
春     夏  秋    
       18 20/08/24              
      17 20/07/27  蝉生まる            
       16
20/07/27  烏瓜の花 n23 20/09/28  羊雲      
       15 20/06/22 梅雨葵  n22 20/09/28 彼岸花      
       14  20/06/22 川蝉  n21 20/09/28 毒茸       
     13 20/06/06 梅雨の蝶  20
 20/08/24  唐辛子 7   19/12/27  冬茜
10 20/04/30  春の小川  12 20/06/06 若葉風   19
 20/08/24 西瓜  6   19/12/27  冬至
9 20/04/30  菫  11 20/06/06  百合の木  3  19/07/22 秋の風  5  19/11/25 菰巻
 8 20/02/24 初蝶  1 19/07/22 軽鳧の子 2  19/07/22 法師蝉 4 19/11/25

はじめに
俳句入門者から初心者へ 俳句を作ったことがないまったくの入門者が、身近な自然を撮影した写真俳句を掲載できるようになりたいと思い、2019/4月から始まった杉並区の俳句講座に参加しました。期間は2020/3月までの1年間です。2020/04/30に一応卒業しました。まだまだ初心者で稚拙な俳句ですが、続けることが大切だと思っています。ご訪問をいただき、ありがとうございます。
本頁で掲載した句と画像: 

・ 春夏秋冬に分けて掲載しています。
・ 筆者は俳号がないので仮にYASとします。
・ 画像の著作権: 撮影者にあります。他に明記なき場合はYASです。
・ 俳句の著作権: YASにあります。

使用歳時記: 「合本 俳句歳時記」*1 角川書店編、2019/03/28。
英訳: 勉強のために単に訳しただけで、詩になっていません。予めご了解下さい。
English translation: The following English is not translated into poetry, it is just a direct translation.Thank you in advance for your understanding.

の写真俳句 
初春: 立春(2/4頃)~啓蟄の前日(3/5頃)、
仲春
: 啓蟄(3/6頃)~清明の前日(4/4頃)、
晩春: 清明(4/5頃)~立夏の前日(5/5頃)。 

 10 【春】 春の小川:  2020/04/30

撮影: @杉並区善福寺川、2020/04/22。上部画像の植物はナガエミクリで環境省・東京都の準絶滅危惧種で、川に沿って歩くと鳥と植物が楽しめます。
 水藻食む逆立鳥や春の川 (YAS)
みずもはむ さかだちどりや はるのかわ
Waterfowls eat algae while doing a handstand in the spring stream / YAS
季語】 「春の小川」、 地理:P93:「町を流れる川は・・・のんびりしている」。
季節三春:P6。
撮影コメント】 この時期、軽鴨はペアーになります。2羽が逆立ちしている写真を狙ったのですが機会に恵まれず、左画像は上下2分割して、下部に1羽の逆立鳥を追加しました。
9 【春】 菫(すみれ):   2020/04/30

撮影: @角川庭園、2019/04/15
 寒暖の扉を開けて咲く (YAS)
かんだんの とびらをあけて さくすみれ
Violas bloom after opening the door of continuing cold and warm weather
/ YAS
季語、植物: P241。
季節三春:P14。
撮影コメント】 左画像はタチツボスミレで、身近な日本産のスミレです。同スミレは黒船で来日したペリー艦隊に乗船した2人の植物学者が採集し米国へ持ち帰り、エイサ・グレー博士(18番目)が学名登録しました。
8 【春】 初蝶:  2020/02/24 

撮影: @杉並区善福寺公園、2020/02/13
タテハチョウ科、キタテハ、成虫越冬
初蝶やじっと太陽独り占 (YAS)
はつちょうや じっとたいよう ひとりじめ
The first butterfly stays still as monopolizing the sunlight / YAS
季語初蝶、動物: P189、
季節三春:P11。
撮影コメント】 越冬していたと思われる蝶が、翅を広げて体を温めていました。 キタテハの食草はつる性のカナムグラで、嫌われ雑草。都郊外では見たことがありますが、杉並区内でYASにとっては初認で嬉しかったです。

の写真俳句
初夏: 立夏(5/6頃)~芒種の前日、
仲夏
: 芒種(6/6)頃)~小夏の前日、
晩夏: 小夏(7/7頃)~立秋の前日まで

  18 【夏】 涼: * 2020/08/24
 涼求め・社寺林脇に・車の列 (YAS)  
りょうもとめ しゃじりんわきに くるまのれつ
A row of cars aside of the shrine-temple grove is parked in order to get cool air /YAS
季語】 涼し:天文:P276
季節】 三夏:P16
【猛暑日】 2020/08/15の練馬の観測地(気象庁発表)では、午後3時頃、37.7℃の「猛暑日」を記録しました。 社寺林脇の道路は、お昼の時間になると涼を求めて営業車が並びます。営業車の運転手さんは、町のどこが涼しいかご存知です。杉並区北西部の緑が多い場所です(左字をクリックすると画像があります。その上部に「社寺林」があります)。
【*】夏の季語が使えるのは立秋前までです。しかし、2020の夏は、立秋から本格的な夏が続いています。なので、発表日がずれていますが、ご了解下さい。

1)炎天下のお昼時間:社寺林脇の道路も日影になり、営業車が列をつくります。

2) 真夏の昼の公園: 樹木が無いので日影がありません。この時間は、近づく人影もありません。

 17. 【夏】 蝉生まる:  2020/07/27
早緑の翅震わせて蝉生まる   (YAS)  
さみどりの はねふるわせて せみうまる

The cicada which wings' color is young leaf born as trembling its wings /YAS
季語】 蝉: 動物P419
季節】 晩夏:P419
【夜の観察会:セミの羽化】 善福寺公園では毎年「セミの羽化」の観察会が開かれています(2020夏はコロナ禍で中止)。初めてセミの羽化を見たときは、感動しました。
【1: 下画像1:参照)】 幼虫の背中の皮が縦に裂けて、体がでてきます。翅は最初は白く、翅脈は若葉色です。
【2: 下画像2:参照)】 翅脈から体液が翅の隅々まで行き渡ると、翅は透明になります。
【3: 下画像3:参照)】 透明な翅は徐々に茶色(アブラゼミ)に変化します(下画像3)参照)。
下1)・2)・3)は別々の観察日に撮影。

 1) セミの羽化-1:畳まれていた白い翅を徐々に広げている。翅脈は若葉色19:25時。

2) セミの羽化-2: 翅がほぼ広がり、白から透明に変わりました。翅脈はまだ若葉色です 19:48時。

3) セミの羽化-3: 翅が乾いてきて、少し茶色に変わってきました 19:53時。
 16 【夏】 烏瓜の花:  2020/07/27
闇に白編み込む花や烏瓜   (YAS)  
やみにしろ あみこむはなや からすうり

The flower of Karasu-uri is knitting its edge of white petals into the darkness /YAS
季語】 烏瓜の花: 植物P502
季節】 晩夏:P29
【夜る咲く花: カラスウリ】 詳細は本サイトのカラスウリ。また、『花と昆虫、ふしぎなだましあい発見記』田中肇、ちくま文庫、「カラスウリのレース標識作戦」(P47-51)、がおもしろいです。

  4) レース編み:母の手編の遺品。

5)カラスウリの花-1:撮影:杉並区・2020/08/06

6)カラスウリの花-2 : 撮影: 左に同じ

 15 【夏】 梅雨葵:  2020/06/22
背筋立て咲き登る花梅雨葵   (YAS)  
せすじたて さきのぼるはな つゆあおい
The bloom climbing up the stem standing up-right is hollyhocks in the rainy season
 /YAS
季語】 立ち葵>梅雨葵:植物:P466
季節】 仲夏:P27
タチアオイ】 最近、空地や公園にいつの間にか侵入しているのを見かけることが多くなりました。タチアオイの花が性転換することを田中 肇氏から教えていただきました。花は両性花ですが、雄性先熟で一つの花が、最初は雄性期の花として(下2)の参照)、後に両性期の花(下3)に性転換するとのことです。『花と昆虫、ふしぎなだまいしあい発見記』(P300-302)田中肇、ちくま文庫、により詳しい情報があります。

1)タチアオイの群落: 撮影@杉並区・2020/06/04

2) タチアオイの雄性期の花: 柱頭は見えません。撮影:@TUH・
2020/05/28

3) タチアオイの両性期の花: 白い糸のような柱が見えます。撮影:@TUH・2020/05/28

 14 【夏】 川蝉:  2020/06/22
川蝉の瞬間ダイブ連写音  (YAS)  
かわせみの しゅんかんダイブ れんしゃおん
When the kingfisher dives into the pond quickly, continuous shooting sound of camera shutters is heard
 /YAS
【季語】 川蝉:動物:P395、【季節】 三夏:P23
【杉並区の川蝉 『杉並区自然環境調査報告書-7次』(2020/3月、杉並区環境課発行)P141では、「2000年以降は常に確認されるようになった」とあります。善福寺公園では、だいたい、いつでも見られる鳥になりました。
【借用画像】 川蝉の餌取りダイブは一瞬で、普通のカメラではとても撮影できません。そこで、須永三紀夫氏からダイブの一瞬をとらえた画像をお借りしました。ご許可をいただき感謝いたします。著作権は須永三紀夫氏にあります。サイズは編集させていただきました。

1)川蝉: 人慣れしているのか、人前でもこの姿。撮影:@善福寺公園・2019/12/25

2) 餌とりでダイブする瞬間の川蝉: 借用画像:©須永三紀夫氏
 13 【夏】 夏木立:  2020/06/06: 兼題:オノマトペ
夏木立金緑ちらりゼフィルスかな  (YAS)  
なつこだち きんりょくちらり ゼフィルスかな
The butterfly in the summer grove shows gold-green wings at a glimpse , of it could be one of the zephyrus
group /YAS
季語】 夏木立: :P412
季節】 三夏:P26
【ゼフィルス樹上性のシジミチョウの一群】 5月末~6月上旬に1回だけの発生、特に美しいミドリシジミ表翅が緑の光沢色・裏翅は茶褐色なので、飛ぶと、金緑色が「ちら」と見える仕組み。毎年、近隣のハンノキ(左字をクリックすると本サイトの詳細へ)林をゼフィルス・マニアたちが巡るほどで、愛好家にとって「ゼフィルス」は特別な蝶です。「7次」の「善福寺公園とその周辺」でオオミドリシジミが遇産種として記載されています。
【借用画像】 某所のハンノキ林で、昔、写真家の方に「ミドリシジミです」と教えていただきましたが、私の簡易カメラでは撮影できませんでした。そこで、高久晴子氏の画像をお借りしました。ご許可をいただき感謝いたします。著作権は高久晴子氏にあります。サイズは編集させていただきました。

1)ゼフィルス(ミドリシジミ:表翅): 借用画像©:高久晴子氏

2) ゼフィルス(ミドリシジミ:裏翅): 借用画像:©高久晴子氏

 12  【夏】 若葉風:  2020/06/06
家居してペストを読むや若葉風 (YAS)
いえいして ペストをよむや わかばかぜ
Although beautiful young-leaf-wind blowing outside, I stay home, and read the book of Plague (La Peste) /YAS
季語】 若葉 > 若葉風、植物:P446 
季節】 初夏:P26
【YASコメント】 自粛中、コロナ禍について知りたいと、カミュの『ペスト』を読みました。市井の人々はペストという不条理とどう戦ったのか。1)一人一人がやれることをする、2)医師(リュー)は、やがては忘れ去られてしまうオラン市でのペスト禍について書き残す。私たちがコロナ禍をどう乗り切ればよいのかを教えてくれる本でした。

1)カミュの『ペスト』(新潮文庫)

2)若葉風に泳ぐ鯉幟: 2020年は自粛で中止。
11 【夏】 百合の木:  2020/06/06
 百合の木の花蜜したたる橙の斑 (YAS)
ゆりのきの かみつしたたる とうのはん
The tulip-trees ooze out nectar around orange spots /YAS
季語】 百合の木: *1では記載がなく「無季」。
季節】 善福寺公園でユリノキ本サイトの詳細へ)の開花を確認したのは:2020/05/27なので「初夏」とします。
撮影コメント】 善福寺公園のユリノキは枝払されて、高所でしか咲きません。下段の画像
1) FIT、田島弘志氏にお借りしました。著作権は氏にあります。氏のご協力に感謝いたします。サイズは編集させていただきました。
2) 「西荻はちみつ」の特別販売を知り、購入した際に許可を得て撮影しました。
【花被片に蜜腺?】: 「花外蜜腺」という言葉は聞きますが、「花被片に蜜腺?」と思い、田中 肇氏に問い合わせたところ:
花被片のオレンジ色の部分に蜜がいっぱいありますねそこに蜜腺があると言っていいと思います」とのご回答をいただきました。田中氏には、暑い中、わざわざ見に行っていただき、心から感謝いたします。

1)流れ出るユリノキの花蜜: 借用画像: 撮影@小金井公園・FITの©田島弘志氏

2)春・夏の百花蜜ユリノキの蜜も含まれています。撮影:@西荻窪・2020/05/31

1 【夏】 軽鳬の子:  2019/07/22 

@杉並区・2019/06/29
軽鳬の子を翼下で守る母に雨 (YAS)
かるのこを よくかでまもる ははにあめ
Rain falls even while the mother duck keeps children safe under her wings / YAS 
【季語】 軽鳬の子(軽鴨の子)、動物: P397。
【季節】三夏:P23。
撮影メモ】 7羽の雛は成長すると母の翼下に1羽入れず死にました。幸なことに、残り6羽は夜になると雨の日も母の翼下で成長するまで寒さから守られて、巣立ちました。左画像下部に雛が6羽詰まっています。

の写真俳句  
初秋: 立秋(8/8頃)~白露の前日まで、
仲秋
: 白露(9/8頃)~寒露の前日まで、
晩秋: 寒露(11/8頃)~立冬の前日まで  

23 【秋】羊雲 :  2020/09/28
三内の・高見やぐらに・羊雲   (YAS) 
Cloud of sheep on the Takami-yagura(high lookout) in San-nai /YAS
季語】 秋雲 「高々と晴れあがった空にくっきり浮かぶ白い雲」 > 羊雲(記載無)。 天文:P529、【季節】 三秋: P32
【三内丸山遺跡(青森県)】 特別史跡三内丸山遺跡は、縄文時代前期中頃から中期末(今から約5900年前~4200年前)、約1500年続いた縄文時代の大規模な集落跡。情報:三内丸山遺跡センター:閲覧:20/09/28。
【ノート】 高見やぐらの柱の高さ・太さに驚きました。縄文時代人も高見やぐらから羊雲を見たのでしょうか・・・、遥かな時の流れを思いました。

 6) 縄文時代の高見やぐら、撮影:2019/08/21

7)羊雲

n22 【秋】 彼岸花:  2020/09/28 
彼岸花・湾曲流路・染にけり   (YAS) 
 
The cluster amaryllis dyes the curved flow path red /YAS
【季語】 曼殊沙華 > 彼岸花:植物:P707、【季節】 仲秋P40
【埼玉県日高市の巾着田
【名前の由来】
 高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月を経てつくられた流路が、巾着の形に似ているこがとから(今年はコロナ禍で中止)。
【なぜ彼岸花の群落地になったのか】 元々は田んぼで市が本地を買い、草藪を刈取ったたところ、彼岸花の群落が見られるようになり、今では約500万本の彼岸花が見られる観光地になりました(情報:wiki.閲覧:20/09/28)。これは私見ですが、昔の人々は、田の畔にモグラ除けの彼岸花を植えていたので、田んぼが放棄された後も彼岸花の根茎は地中に残り、藪草刈りで彼岸花が蘇ったのではないかと思います。
【ノート】 まだ元気だった頃に、この巾着田と近くの和田山に登ったことを思い出します。

4)毎年、多くの人出で賑わう「巾着田」:撮影:2008/09/25

5)蛇行する川:市配布のパンフレット
n21 【秋】 毒茸: 2020/09/28 
毒茸も・きのこもキノコ・豊かなり   (YAS) 
どくたけも きのこもキノコ ゆたかなり
 
Both poisonous mushrooms and edible mushrooms are fruiting bodies of fungi, and the rich nature of having both. /YAS
季語】 茸 > 毒茸(どくたけ): 植物:P715、【季節】 晩秋: P41
毒茸・食用きのこ・菌類の子実体:キノコ
【ノート】
 昔、キノコの観察会(講師:城川四郎氏)に参加しました。「食べられますか?」と聞く質問者が多く、氏は丁寧にお話し下さいました。その時の内容はここ。毒茸を見かけると、その時の貴重な体験を思い出します。

1) 毒茸のドクカラカサタケ: @善福寺公園・撮影:©鳥川 豊氏

2)野生のエノキダケ: 右も含めて、@善福寺公園

3)巨大なニオウシメシ:地面が白くなるほど胞子が出ていました。

20 【秋】 唐辛子:  2020/08/24 
復活の江戸唐辛子紅の畝   (YAS) 
ふっかつの えどとうがらし べにのうね
 
Revivaled chili peppers from Edo create red ridges /YAS
季語】 唐辛子: 植物:P688、【季節】 三秋: P40
【杉並区農業公園の内藤トウガラシ】 2016年にオープンした杉並区の農業公園へ同年8/24に訪問しました。復活の内藤唐辛子が真っ赤な畝をつくっていました(詳細は本サイトの杉並区の農業) 。内藤(八房)唐辛子は、「江戸時代、信州高遠藩主内藤氏の江戸藩邸下屋敷(現新宿御苑)の菜園で栽培が始まった」。特徴は「八房唐辛子」と呼ばれ、赤い実が葉の上部に頭を出す」(情報:wiki.閲覧2020/08/25)ので、畝が赤く染まったように見えます。

 3) 八房唐辛子:撮影: @杉並区農業公園・2016/08/24。

4)八房唐辛子の畝:撮影: @杉並区農業公園・2016/08/24。

5)「江戸・東京の産業」、「内藤トウガラとカボチャ。: 借用画像:©JA東京中央会
 19 【秋】 西瓜:  2020/08/24: 
自生種を守る除草や西瓜  (YAS)  
じせいしゅを まもるじょそうや はつすいか
After weeding to protect the native species, eating the first watermelon of the season is refreshing. /YAS
【季語】 西瓜: 植物:P681、【季節】 初秋:P39。
【除草作業】 『杉並区自然環境調査報告書』の善福寺公園、植生調査を10年ほど担当しています。年々、工事・草刈などで、地元の貴重・貴重種が失われるのを見てきたので、ボランティアでそれ等の復元活動をしています。詳細は本HPのここ。年一回、作業後に皆で西瓜を食べていました。草取り後の西瓜は何物にも代えられない水分補給で、生き返ります。(今年はコロナ禍なので、安全のために自宅で食べました)。

1) 除草作業

2) 西瓜

3 【秋】: 2019/09/23
 
2)
草むらに忘れたボール秋の風 (YAS)
くさむらに わすれたボール 秋の風

There is a ball forgotten in the thick grass where the fall wind is blowing 
/ YAS 
季語】 秋風 > 秋の風、天文:P538。
季節三秋:P32。
【撮影】 @杉並区
2  【秋】 法師蝉:  2019/08/26 兼題: 法師蝉
 
1) 撮影地: @善福寺公園・2007/08/16
子ら去りて惜しいと鳴く法師蝉 (YAS)
こらさりて オーシーと なく ほうしぜみ
After children gone, a cicada calls sounds like "Ohshii" means regrettable /YAS
季語法師蝉 (つくつく法師)、動物: P631。
「立秋のころにると鳴き始める比較的小型の蝉。・・・鳴き声はツクツクホウシ、オーシーツクツクなどと聞こえる」。
季節】 初秋:P37。
YASのコメント】 法師蝉が鳴くと夏休みも終わり。子供の頃、その声が、「オーシー、惜しい」と、聞こえました。 

の写真俳句 
初冬: 立冬(11/07頃)~大雪の前日まで)、
仲冬
: 大雪(12/07頃)~小寒の前日まで)、
晩冬: 小寒(01/05頃)~立春の前日まで)。

7 【冬】冬茜: 2020/01/27 

4) 撮影: @杉並区・2020/02/15
冬茜影三角の曙杉 (YAS)
ふゆあかね かげさんかくの あけぼのすぎ
In the winter twilight a triangle shadow of the Metasequoia
 / YAS
季語】 冬の夕焼 > 冬茜: 天文:P751。
季節】 三冬: P43。
YASのコメント】 曙杉(本サイトメタセコイアへ)は杉並区の木なので、区内の公共施設でよく見かけます。特徴の一つは美樹形です。

6 【冬】冬至: 2019/12/27

3)撮影: @杉並区・2019/12/27
冬至の日私の影は八頭身 (YAS)
とうじのひ わたしのかげは はっとうしん
In the winter solstice day my shadow looks like Hatoshin(beautifully well-proportioned person) / YAS
季語冬至、天文:P723。
節】 仲冬:P42、
【撮影メモ】 冬至の日は、一年中で一番影が長くなる日。自分の影を撮影すると、夕方でなくとも影は長く、頭が小さく、足が長い。

 5 【冬】菰巻: 2019/11/25

2) 撮影: @杉並区太田黒公園・2019/11/25
菰巻の男結びや風に立つ (YAS)
こもまきの おとこむすびや かぜにたつ

Otokomusubi of the Komomaki stands confront the wind / YAS
季語】 藪巻 > 菰巻: 生活: P800。
季節】 仲冬:P46。
YASコメント】 善福寺公園では立冬前後に「剪定ボランティア」の方々が菰巻を始めます。現在では松枯葉の幼虫駆除目的というよりも、冬の風物詩として、また、早春の子供自然観察会で菰巻で越冬している虫たちの調査にと、同公園での菰巻は目的が移っていると感じます。
4 【冬】 鳰 (にお): 2019/11/25   

1) 撮影: @善福寺公園上の池・2019/11/01 
大雨がアオコ流しての声 (YAS)
おおあめが あおこながして におのこえ
The heavy rain swept away Aoko, and the bird-song of the Nio (little grebe) heard / YAS
季語】  鳰(かいつぶり) > 鳰(にお): 動物:P878: 「鳩より小さい、褐色の水鳥。・・・鳴く声は美しい」。
季節】 三冬:P50。
【YASコメント】 善福寺公園では近年個体数が減少傾向と、7次」(P138)にあります。2019/11月、大雨が降った後、鳰の鳴き声を聞き、嬉しく思いました。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.