要注意外来生物」で、現在生態系被害防止外来種リストに記載されているキショウブ
05:帰化植物戦略 
最新更新日: 2017/06/12・画像:他に明記なき場合は筆者
 1:CSRとは何か   2:キショウブ
重点対策外来種-76
 3:外来性タンポポ種群
重点対策外来種-66:
4:ノハカタカラク
重点対策外来種-78 
5:イノコヅチ(日本産)  55:イヌムギ
外来種
6:その他除去作業した
外来種
7:ナガミヒナゲシ
外来種 
 8:オオキンケイギク特定外来生物:緊急対策外来種-30 9.オオキバナカタバミ
総合対策外来種-122 
10.ハナニラ
総合対策外来種-150 
11.ヒメリュウキンカ
外来種 
 12:ホソバオオアマナ:  外来種  13:ニューフェイス
外来種 NEW
14:   15:
素人ホソバオオアマナゆえ、間違いがあるかもしれ ません。ご指摘いただけると助かります。
グライム (J Philip Grime) のCSR 戦略
 
J.P.グライム
No image
英国の
植物生態学者
J.P.グライム(J. Philip Grime):英国の植物生態学者、シェフィールド大学名誉教授が1977と1979年に、植物の生存戦略に関する仮説を発表した。★本サイ植物の冬越のラウンケルの項で、グライムのCSR戦略は「同研究の前駆体(precursor) として考えられるかもしれない」というのは、どういうことなのか>>ラウンケルの「休眠芽の位置の違いを植物が生育不適期を過ごす植物の適応現象と捉えた」考えが>>グライムの「ストレス耐性戦略」の中に見いだせると思うのだが?
 戦略とは:「生態学では自然選択によって進化した形質戦略と呼び・・・暮らしのあり方を意味する生活史は、その環境で生き抜くための戦略に満ちています」(*1:P48)
筆者は2006/04~2012/03まで、善福寺風致公園(以下「公園」)でほぼ毎週、選択的に繁茂する外来種を中心に除草ボランティアをしてきました。そこで「なぜ特定の草だけが繁茂するの」との疑問を持ちました。そのとき読んだ本が『日本の帰化生物』鷲谷いづみで、上述のグライムの「CSR」という言葉を知る機会となりました。
下記ではCSRに触れ、草抜きを続けた繁殖力の強い植物がどんな戦略をもっているのか探ってみました。
考資料: 
*1絵でわかる生態系のしくみ』P48-51、鷲谷いづみ、2008 ㈱講談社 、
*2:『日本の帰化生物』P100-112、鷲谷いづみ・森本信生、㈱保育社,1993
★情報サイト:「要注意外来生物」環境省(下段参照)、「侵入生物データベース」国立環境研究所
★サイト「福原のページ」©福原達人氏 
本ページ中、以下の通り略しています。 
  要注意外来生物: 環境省は、平成27(2015)/03/26に、「外来種についての国民の関心と理解を高め、様々な主体に適切な行動を呼びかけることを目的とした、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト生態系被害防止外来種リスト)」を作成しました。リストには、計429種類(動物229種類、植物200種類)が掲載されています。」と発表しました。それに伴い、「要注意外来生物」は発展的に解消されました。」とのことなので、本サイトでは、「要注意外来生物」の指定を受けていた生物は、新しい指定に従った(生態系被害防止外来種、カテゴリー:番号.)と記しています(環境省ホームページ閲覧:2016/04/05)。
  日本の侵略的外来種ワースト100: 日本の外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物100種が日本生態学会によって指定されています。ここでは、「W100:日本」と記しています。
  善福寺風致公園: 「公園」と略しています。
その他
  植物全体を対象としたグライムのCSR戦略と、本ページのタイトル「帰化植物戦略」とは当てはまらない点も、共通する点もあります。そこで、後者に注目し,ボランティア作業をしながら疑問に思った「なぜ特定の草だけが繁茂するの」の回答を探ってみました。

1: C-S-Rとは何か   
分類 マイナスの
環境作用
植物の生き
残り戦略
  植物の特長 
C. Compe-
tition
競争
資源の
奪いあい
競争
戦略
C大
S小
R小
特徴:好条件下で早成長、茎高・樹高、葉大、地下に広根張
: 一年草のオオブタクサ(早成長で、生育地を占拠)。
説明:ストレスも撹乱もない場所は植物にとって生育しやすいので植物が混みあい、資源をめぐる競争が激しい。
S. Stress ストレス
成長を妨げる環境要因
ストレス
耐性戦略
C小
S大
R小 
特徴:遅成長、葉が長寿命の常緑、特定ストレス適応種。
成長を妨げる継続的阻害要因: 日照不足、過乾燥・湿・低温・高温、貧栄養、重金属、火山性ガスなどの自然環境や大気・土壌汚染など。
 R. Ruderal 撹乱
植物体
破壊作用
攪乱
依存戦略
C小
S小
R大 
特長:攪乱を利用して侵入する。短命植物が多い。環境安定期に急成長>>短期に生活環を完了させる。多くの種子を生産、拡散させる。多くの帰化植物が本戦略をとる。
攪乱: 突発的な破壊:自然: 火山、台風、土砂崩壊、など。人為: 野焼、耕起・造成、踏圧、草刈など。
ボランティア作業で除草した種
栄養繁殖  根茎・鱗茎:セイヨウタンポポ、キショウブ、イモカタバミ(球茎)
節部からの不定根:ノハカタカラクサ
付着散布  イノコヅチ(在来)
単為生殖  セイヨウタンポポ、

C-S-R 戦略  

競争戦略(C) 

ストレス耐性戦略(S)

攪乱依存戦略(R)
 
CSRの3つの戦略は、現実の植物にそのままあてはまるというよりは、現実の植物の生活を見るときのものさしのようなものです。現実の植物は、これらの戦略をいろいろな程度に兼ね備えています(*1:P50)
上画像: *1:P49、P51を参考にPPで作成

2キショウブ(アヤメ科)
なぜ繁茂できるの?:美しいゆえ多植栽、栄養繁殖、多種子生産
生態系被害防止外来種重点対策外来種-76)。環境省ホームページ:閲覧2016/04/05。 「W100:日本」  
自然分布: ヨーロッパ~西アジア
生息環境: 湖沼,溜池,河川,水路,湿った畑地,林縁。温度選好性:温帯
生態的特徴: 日当たり良い水湿地を好む、水中の窒素・リン・塩類の吸収性に優れ、丈夫な植物。
侵入と経緯:明治時代に観賞用として導入され、現在では全国にみられる。
影響:在来の水生植物との競合、在来のアヤメ属(RDB種が複数含)との交雑。
特長:開花は4~6月。両性花、虫媒花。・多くの種子を生産し、風、雨、などによりタネを拡散させる。栄養体からの再生能力。地下に横に這う太い根茎があり、分枝して繁殖する。
防除方法: 抜き取り(果実、根)
参考資料:★サイト:国立環境研究所:「浸入生物データベース」、キショウブ

花-1
★画像:・wiki.

花-2:丈夫で、美しいので、各地に観賞用として植栽されてきた。区内で撮影:2015/05/10

果実:
繁茂の理由は、多産種子の拡散、根茎の拡大・分枝にあるようだ。「公園」で撮影:2015/07/11

キショウブ:ボランティア作業:
場所: 「公園」上池、東京都絶滅危惧種(RD種)生育地で、同公園管理サービスセンター
  から許可をいただいた場所のみに限定した。
作業日・作業人数:、2012/10/03・17・24・31の4回、10-12時、延べ20人
作業目的: 2008年、東京都絶滅危惧種(RD種)が同地で見つかった。★本サイト公園の役割8-1参照。そこに当時要注意外来生物(以下旧要注意種)のキショウブが侵入し競合していたので、これを除去するため。
除去対象植物 1)生態系被害防止外来種(以下「生被外」)の重点対策外来種-76 & 「W100:日本」キショウブ、2)「生被外」)の重点対策外来種-64 & 「W100:日本」のセイタカアワダチソウ、3)同地で「ひっき虫」と呼ばれる付着散布植物は、散歩中の犬に着いて取れないとの苦情を聞いていたので、これも含めた。それらの植物は、3-1)「生被外」)の総合対策外来種-136で+付着散布のアメリカセンダングサ、イノコヅチ(付着散布)。除去対象植物は、キショウブ以外、いずれも高さが1m程になる高茎草本植物に限定した。

果実:(水辺の植物)繁茂の理由は、その種子と根茎にあるようだ。「公園」で撮影:2015/07/11

種子:サヤの中に種子が多数入っている。種子結実前の除去が重要。★画像:©「神戸の自然シリーズ」

種子
:秋に熟すとサヤから出てバラバラになり、水に浮いて下流へ分布を拡げる。撮影:2012/10/03

根茎: 根茎がRD種の根とからむ場所もあり、慎重な作業が求められた。撮影:2012/10/17 

抜根作業:男性が根茎をツルハシで掘り起し、根茎が残らないように作業する。撮影:2012/10/24 
同時に除去したアメリカセンダングサ旧要注意種)「ひっつき虫」で人・犬猫が伝播。撮影:2012/10/03 

除去したセイタカアワダチソウ旧要注意種)など。撮影:2012/10/03
 
抜根作業3回目:フゴ4袋の抜根作業だった。撮影:2012/10/24

抜根作業4回目:抜根作業にも慣れてきた。撮影:2012/10/31

3外来性タンポポ種群(キク科) l:掲載:2016/06/20
生態系被害防止外来種重点対策外来種-66)・「W100:日本
環境省ホームページ:閲覧2016/04/05
自然分布:   ヨーロッパ
生息環境:   路傍,空地,畑地,牧草地,芝地,樹園地,川岸。温度選好性:寒帯~熱帯
生態的特徴: 日当たりが良い平地で弱酸性土壌に多い.肥沃地を好む.
侵入と経緯: 食用や飼料として意図的に導入.非意図的移入(輸入物資や牧草に混入).
影響:     在来タンポポ類との競合,交雑など
防除方法:  抜き取り。
参考資料:★サイト:国立環境研究所:「浸入生物データベース」、セイヨウタンポポ
 雑種タンポポ?
雑種タンポポ?発見: 2011年、区内でタンポポを見たとき、セイヨウタンポポとも違うタンポポを見かけるようになりました。分からないままに、一部をここで報告しましたが、おかしな点もありましたので、今回、区内でタンポポの写真を撮りなおして掲載しました。雑種タンポポについては、まだまだ分からないことばかりです。お気づきの点などありましたら、お知らせいただければ幸いです。
参考資料
*3:『帰化植物の自然史森田竜義、2012、北海道大学出版会、2.「帰化植物の生活と都市化-セイヨウタンポポはなぜ都市に生えるのか?」P12-19、
*4:『ぜんぶわかるタンポポ』著者:岩間史朗、監修:芝池博幸、2014、㈱ポプラ社の児童書。P44では「雑種タンポポ」の写真があり、下掲載の「外来(帰化)種タンポポ」のタイプ2、3とよく似た写真があります
*5:『わたしのタンポポ研究保谷彰彦、2015、さ・え・ら書房。著者は「私の研究のテーマは雑種タンポポです」とあり、児童書出版のさ・え・ら書房が発行しているので、文章も平易、字も大きく、情報も新しい。

カントウタンポポ(*5:P46:日本産で関東、東海、北陸地方で広く見られる)
: 学名:Taraxacum platycarpum Dahlst.(1907)。
「米倉浩司・梶田忠 (2003-)
 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info」より。閲覧:2016/04/12   
タンポポは舌状花だけで頭花がつくられています」(*5:P31)。頭花は小さな舌状花の集まり。「おしべは円筒状になっています。その中に、花粉が入っているのです。その筒の中を、やがてめしべが突き抜けます。そのときに花粉が外に出てくるというしくみになっているのです。その後、めしべの先が開いて、受粉できるようになります」(*5:P33)。下模式図参照。

カントウタンポポの花(1):花茎が長く、垂直に立っている。区内で撮影:2010/04/15

カントウタンポポの花(2):花期は4~5月頃。撮影:2011/04/13

カントウタンポポ:*5:44「日本タンポポ」:「外総苞片は反返らず、頭花にぴたっとくっついて」いる。区内で撮影:2011/04/13

タンポポの頭花は舌状花の集まり:
*5:31)。*5:33の1図を参考に、パワーポイントで作成

カントウタンポポ:*4:29「総ほうにでっぱり(小角突起(角状突起)がある」。区内で撮影:2011//04/13

カントウタンポポ:*4:29「外がわの総ほうは、内がわの総うほの約半分」。区内で撮影:2012/04/26

外来(帰化)種タンポポ
1)外来タンポポの特徴*5:46):日本で見られる外来タンポポ:①セイヨウタンポポと②アカミタンポポがあり、どちらもヨーロッパ原産のタンポポ。その特徴は、
セイヨウタンポポ:(外)総苞片:強く反返る。花粉量:多め、但し、ないのもある。果実の色:薄茶~褐色。
アカミタンポポ:  セイヨウタンポポに同じ、但し、果実の色:暗赤色~赤紫色。
2雑種タンポポとは*5:21):「片方の親が日本タンポポ、もう片方の親がセイヨウタンポポです」。
3)雑種タンポポ: 発見の歴史:(*5:20-24)
1988:森田竜義氏(新潟大学):遺伝的実験をしながらタンポポの研究をしていた。奇妙な形をしたタンポポを詳しい実験で、「雑種タンポポであることを突きとめた」。そして、静岡県の百株のタンポポの中に5株の雑種タンポポが混ざっていたことを報告した。(*5:P20)。
1997:渡邊幹男氏と研究グループ(愛知教育大学):愛知県の三地点で、外見がセイヨウタンポポらしいものを遺伝的情報をもとに調査した結果、ほとんどが雑種タンポポだった(*5:22-23)。
2001:環境省「第六回・緑の国勢調査」で全国から集められたタンポポを研究したのが、農業環境技術研究所の芝池博幸氏を中心とするグループ。集められたタンポポは遺伝子を調べる実験により、85%程が雑種タンポポ、残りの15%がセイヨウタンポポだった(*5:23-24)。
4)雑種タンポポの特徴*5:47-50):正確な区別には遺伝子調査が必要ですが、「見た目でも、雑種タンポポを大まかに見分けることができます。ここでは便宜的に3タイプに分けてみましょう」。筆者が近隣でタンポポを撮影し、この分類(タイプ1~3)に従って私見で分けたのが、以下の
  タンポポです。
   カントウタンポポ・セイヨウタンポポ・雑種タンポポ
(注:上述、4)の特徴から、見た目のみで判断
、( ) 内は筆者のコメント。  
タイプ   在来種:A
外来種(帰化種)B 雑 種: A X B (含むアカミタンポポの可能性)
撮影:区内
区分  関東タンポポ  西洋タンポポ  タイプ1  タイプ2  タイプ3 
写真 
2012/04/26
区内で撮影 

2015/05/24
群馬県玉原

2015/03/22
区内で撮影 

2016/03/22
区内で撮影 

2016/04/15
区内で撮影 
外総
苞片
反返らず、花を包む:*4:29/35  反返る*4:34 反返る*5:47  反返りは弱くバラバラ*4:44 反返らず色が濃い*5:48-49 
小角(角状)突起   ある
*4:29/*5:46
(目立たない)
(目立たない)
  (目立たないが、目立つのもある) 目立たない
*5:49
花粉:
形・大きさ
 
同じ形・大きさで揃っている*4:39 形・大きさともに:バラバラ*4:38 形・大きさともにバラバラ*4:44 
花粉生産 ある*4:39 ある/無いものもある*4:38/*5:48 少ない/無い*5:47 ある*5:48/
少ない*5:49/
  
休眠性
高温で) 
休眠性がある:*4:63/*5:82 休眠性:ない*4:63/*5:90-91 休眠性がある:高温では発芽しない性質をカントウタンポポから受けついでいた*5:86。
染色体  二倍体:*3:12/*4:64  三倍体:*3:12/*4:64 
繁殖様式  ・花粉を使ってふえる有性生殖を行う。*4:64
自家不和合性*4:65
・「繁殖に群を必要とする群れ繁殖者*3:12
・花粉を使わずにタネをつくる無融合生殖を行う単独繁殖者*3:12/*4:64。
クローンで増える。
*4:64/*5:54
・「父親は外来タンポポで、母親は花ふんでたね
  をつくる在来タンポポ
」。*4:65  
・「外来タンポポほとんど花ふんは、タネをつくる ことができません。が、まれに生活に必要な染色体 をすべて含んだ花粉ができることがあります
 この花ふんが・・・在来タンポポのめしべにつき、で  きたタネが雑種タンポポです」。*4:64
・「雑種タンポポは外来タンポポと同じように花粉を
 つかわずにタネをつくるので、生まれた子供たち
 は同じ性質
をもっています」。*4:64
生育環境 ・.「草むら生活者*3:10/*4:63。
群生活者:「同じ種類のなかまがまわりにある」
*4:63。
・回りの草は少ない「都市的荒地」に生育する 「裸地生活者*3:11。
・「集団or「一株」:*4:63。
雑種タンポポの生育環境(高温や乾燥が厳しい都市的環境): *3:235-6「市街地化の進行やヒートアイランド現象により、都市的環境は1970代と比べて大きく変化した。気温や地温の上昇および乾燥の進行は西洋タンポポの実生の生存と成長にとってマイナスの要因として働き、そこで長期間存続することは難しいのかもしれない。逆に、高温と乾燥に高い耐性を示す雑種タンポポの割合は相対的に増加したものと考えられる」。
雑種タンポポが持つ高温や乾燥に対する耐性: *3:236「今のところ、雑種タンポポが高温や乾燥に耐性を示す生理的な機構は明らかにされていないが、遺伝学から思いつく説明は雑種強勢(hiybrid vigor)である。種間雑種が両親より大形で丈夫になる現象を指す」。この雑種強勢が「無融合生殖により、そのまま後代に受け継がれ、・・・過去数十年にわたってそれぞれの環境適応性がふるいに掛けられたのだろう。その結果、高温や乾燥が厳しい都市的環境において存続できる性質を備えた雑種が、個体数を増やしたのではないだろうか」。
区内のカントウタンポポは生き残れるのだろうか: 2016/04/30に数年前まで杉並区でカントウタンポポが見られた場所を訪問しました。3ヶ所で確認しました。但し、個体数が少ないので今後どうなるかは不明です。
本項での略語:スペースの関係で、カントウタンポポを「関東タンポポ.」、セイヨウタンポポを「西洋タ.ンポポ」、トウカイタンポポを「東海タ」、シナノタンポポを「信濃タ」、カンサイタンポポを「関西タ」と略した。

セイヨウタンポポと雑種タンポポの写真:上段写真の全体(見た目のみで判断
セイヨウタンポポ  雑種タンポポ: タイプ1  雑種タンポポ: タイプ3 

筆者は区内で見つけられず、群馬県沼田市上発知町玉原高原駐車場で撮影した。2015/05/24

区内で
撮影:2015/03/22

区内で
撮影:2016/04/15
 雑種タンポポ: タイプ2
雑種タンポポのタイプ2:2016年、近隣では一番多いタイプの印象を持った。
  道路・通路沿いに多い。

区内で撮影: 2016/04/15

区内で撮影: 2016/04/15

区内で撮影:2016/04/08

 雑種タンポポ: タイプ3
区内の駐車場で撮影:
2016/04/08

アカタテハ吸蜜に来ていた。

 アカタテハの裏翅。

内総苞片を包む
不明のタンポポ-1(雑種タンポポ?):生育地と見た目から判断するとタイプ-3だと思うが・・・?
区内で撮影:2016/04/14    

1)外総苞片は内総苞片を包む。

2):1)を拡大。外総苞片の色が濃い

3)頭花の裏側・蕾写真を切取って、並べた
  不明のタンポポ-2(雑種タンポポ?)生育地と見た目から判断するとタイプ-2だと思うが・・・?
区内で撮影:2016/04/22    

4)枯れた低木の下で花茎を高く伸ばしている。

5)外総苞片はほぼ花を包むも、一部離れる総苞片もある。 

6)蕾:小角突起(角上突起)が目立つ
  不明のタンポポ-3(雑種タンポポ?)生育地と見た目から判断するとタイプ-2だと思うが・・・?
区内のアスファルト近くの道端にあったのをいただいて撮影:2016/04/24

反返りはバラバラで、小角(角状)突起が目立つ  

4  ノハカタカラクサ(別名:トキワツユクサ)ツユクサ科
なぜ繁茂できるの?: 節部からの不定根で栄養繁殖できるので、捨てた場所からでも成長。
生態系被害防止外来種重点対策外来種-78
環境省ホームページ:閲覧2016/04/05
自然分布:   南アメリカ
生息環境:   民家周辺。温度選好性:暖温帯
生態的特徴:  日当たりが良い平地で弱酸性土壌に多い.肥沃地を好む.
侵入と経緯:  昭和初期観賞用のものが逸出し野生化した.
影響: (「公園」では、一部で、林床をおおうように繁茂し、在来植物との競合が懸念される)。
防除方法: 除草(茎を切らないように注意して抜取る。(置いたその場から発芽するので捨て場に注意)
参考資料:★サイト:国立環境研究所:「浸入生物データベース」、ノハカタカラクサ

1花が美しく、丈夫で管理が楽なので購買者も多かったのではないだろうか。区内で撮影:2015/05/13 

花と葉:和名の「ハカタ」は園芸種の葉に博多帯の様な白い縦縞があるからとか。野生化したものは緑一色。
区内で撮影:2015/05/18 

常緑で日影でも生育:林の中、樹木の周囲に群落をつくって節部から不定根を出し、立上っている。撮影:2015/03/01

4-1 ノハカタカラクサ:ボランティア作業
場所: 「公園」下池、野生生物保護区内の一部で繁茂していた。冬には防寒のためか、落葉下で見られた。
作業: 2006/04~2012/03まで、冬の間に他の外来草本類を抜根する機会に、当時要注意外来生物だった。本種も抜いた。 2008年冬は集中的に抜根作業をし、そのとき撮影したのが下段写真。
作業目的: 野生生物保護区内の自生植物を守るため。
その他:「杉並区自然環境調査報告書-第6次」の調査で下池、西側の林床に本種が繁茂しているのを確認。

:落葉の下で冬越する。抜取作業前に落葉から引き出して撮影。撮影:2008/02/14

ノハカタカラクサ抜根作業:途中で茎を切らないように抜取る。撮影:2008/02/14

節部から不定根を出す。一節が残っても発芽してくる。撮影:2008/02/14

5チョット怖い日本産:イノコヅチ(別名:ヒカゲイノコヅチ)ヒユ科
なぜ繁茂できるの?:ひっき虫」で高茎の多年草は人・犬・猫により伝播、日影に生育

「ひっつき虫」: かぎ針や逆さとげによって人の衣類や動物の毛につく植物の種子や果実の俗称。特に、イノコヅチは人や動物の毛について伝播されるせいか、道の両側に広がっている。
下右端写真にあるように、鉤(かぎ)状になっていて、人の衣服、犬猫の毛につくと、除去が難しい。
  セーターなど編んである線維の場合、無理して引っ張ると糸を切る心配がある。


イノコヅチの姿:★サイト「福原のページ」。画像:©福原達人氏

イノコヅチの果実:★サイト「福原のページ」。画像:©福原達人氏

イノコヅチの果実(ひっき虫):★サイト「福原のページ」。画像:©福原達人氏
5-1:イノコヅチ(在来種)の群落地だった下池「野生生物保護区」
場所: 「公園」下池、「野生生物保護区内」
作業目的: 2006年春から、ここで地元に生育する野生植物を保護する目的で作業を始めた。日本産だが、高茎草本で繁茂しているため、除去した。今では想像できない姿。しかし、植物が高茎草本なので除草前(before)後(after)では違いが大きい。その後、ここにはイヌムギが繁茂するようになった。あれほど地面をおおっていた植物も、今ではどちらもほとんど見かけなくなった。
掲載理由:  「公園」下池、野生生物保護区の当初の姿を記録に残すため。
防除方法: 1)タネをつける前に除去、2)根が強靭で途中で切れやすいので、根を残さず抜根する。

イノコヅチ群落:区道から北西側:  (Before)撮影:2006/09/14

イノコヅチ群落:区道から南西側:  (Before)撮影:2006/09/14

イノコヅチ群落:現保護区南東角からBefore)撮影:2006/09/14

高さを測ると100cmほどの高さ: 撮影: 2006/09/28

イノコヅチ抜取り作業:Afterの状態。撮影: 2006/09/28

イノコヅチ抜取り作業:Afterの状態。撮影: 2006/09/28

55:イヌムギの除去作業 
自然分布:   南アメリカ.
生息環境:   荒地,草地,牧草地,路傍,河川敷,海岸。温度選好性:温帯~暖帯.
生態的特徴:  日当たりの良い,湿った肥沃な軽しょう土を好む.
侵入と経緯:  牧草として導入.1882年に東京都で確認.
影響:      在来草本植物,農作物.
防除方法:   在来種,野菜との競合.
参考資料:★サイト:国立環境研究所:「浸入生物データベース」、イヌムギ 
場所: 「公園」下池、「野生生物保護区内」
作業目的: 上述5番で抜き取ったイノコヅチの跡地に、春先からはイヌムギが目立ち始めた。他の作業に追われていたので、取り急ぎ穂だけでも除去したいと作業を始めた。冬になると他の草本類が枯れる中、イヌムギは冬緑型の植物で判別しやすくなる。この冬場の抜取り作業で、イヌムギはほとんど見かけなくなった。
防除方法: 冬場に、根ごと除去する。

撮影:2007/07/05

茶色に見えるのが穂。撮影:同左

冬の作業:撮影:2007/02/27

2007/02/27で抜根したイヌムギ
は9袋になった

イヌムギは高さ1m以上になるものもある。区内で撮影:2016/05/02 
 イヌムギ:*3:P50「風媒花に由来して、閉鎖花のみをつける」。撮影:20:16/05/03

6: その他の除去対象帰化種  掲載:2016/04/10
場所: 「公園」下池、「野生生物保護区内」(「保護区」)
期間: 2006~2012/03月まで、ほぼ毎週、主に繁殖力の強い草本類の除去作業をしてきた。
対象種:アメリカセンダングサ:生被防-136(ひっき虫)、イモカタバミ(栄養繁殖)、セリバヒエンソウ(多種生産+自発散布)、ヒメジョオン:生被防-141(多種生産)、ムラサキカタバミ(栄養繁殖)、など。
除去の時期: 花が咲く前、遅くともタネができる前に除去すると効果的。
除草作業は勉強になる: 結果的に対象種とした植物は、それぞれに「攪乱依存戦略」を持っていることが作業をして分かりました。また、対象種の生活史も少し勉強できたことは、収穫でした。
生態系被害予防外来種生被防とした。

イモカタバミの串団子状の球茎:栄養繁殖して分布を拡大。球茎を一片でも残したら、そこから発芽してくる。撮影:2006/05/30

捨てた場所の1ヶ月後の姿:右を指定場所に捨てた結果、1ヶ月で発芽。栄養繁殖する植物は、捨てる場所にも注意が必要。撮影:2006/06/29

セリバヒエンソウ:美しい・多種生産・自発散布・溝のあるタネが人の靴裏のミゾにはまり、運ばれているのではないだろうか。撮影:須永三紀夫

自然素材のカントリーヘッジ:道路沿の擬木柵下にヤブランを「保護区」内から移植。撮影:2011/08/31
 道路沿・擬木柵下にカントリー・ヘッジ(CH:自然素材の柵)を設置する効果って?: 人、車などが道路側から運ぶタネが緑地に入り込むのを抑制する効果があります。ナガミヒナゲシなどは道路沿いによく見かけますが、「保護区」ではあまり見かけません。それはCHがあるからだと思っています。当初は丸太などを使いましたが、外から自然風に見えるように左写真のように、丈夫な在来常緑草本類に数年かけて変更しました。  
モウソウチクのカントリヘッジ: 道路沿の擬木柵下に竹を横に置いて。撮影:2011/08/31

7 ナガミヒナゲシ(ケシ科):チョット怖い植物
なぜ繁茂できるの?:美しい、花期が長い、非常に多くの種子を生産し、雨、車などで拡散。
自然分布:ヨーロッパ地中海沿岸:(*1「秋に発芽し、ロゼット状態で越冬した個体が春先に急に大きくなり、5月に・・・花を咲かせます。・・・最大で一個体から15万粒の種子が生産されます。・・・梅雨時に種子ができるので、道路の中央分離帯にできた種子が、雨で濡れた車のタイヤにくっついて運ばれ、道路沿いに分布を広げていると思われます」)。
生息環境:   畑地,牧草地,樹園地,路傍,荒地,山地近く。温度選好性:温帯
生態的特徴:  温暖で日当たりの良い,乾いた肥沃地を好む.土壌の種類は選ばない.
侵入と経緯:  観賞用として導入。1960年に東京で確認。
影響:      在来種や畑作物との競合。影響を受ける生物:在来植物
防除方法:   抜き取り(ロゼットの時期に抜取るのが効果的)
参考資料:★サイト:国立環境研究所:「浸入生物データベース」、ナガミヒナゲシ。
★サイト:農業科学研究所:*1「春に気をつける外来植物:ながみひなげし」、藤井 義晴、No. 90 2011/3。

ナガミヒナゲシ(葉):ロゼット状に葉を広げて、冬でもしっかり光合成を行い、春を待つ。区内で撮影:2015/02/12

ナガミヒナゲシ(蕾)蕾では・首(こうべ)を垂れて・大人しめ。ところが、実になると本性を現す。右へ。区内で撮影:2015/04/16

:「美しい花には毒がある」。「美しい顔は皮一枚」(Beauty is only skin deep)。「軒を貸して母屋を取られる」。区青梅街道で撮影:2015/03/28
道路沿いに分布を広げる

ナガミヒナゲシ:区内早稲田通り:「もう数日早ければ、もっときれいだった」と交番のおまわりさん。区内で撮影:2015/04/09

ナガミヒナゲシ:青梅街道:強風や雨が続いて、散歩を中止していたら、あっという間に果実になっていた。自家受粉しているようだ。4/11

 ナガミヒナゲシ:夕方には花を閉じる一日花のようだ。翌日には、別茎の花が咲いて、群落の花期は約1ヶ月強。 区内で撮影:2015/04/23
果実の巧妙な仕掛けと多産のタネ  

果実-1:和名の由来は長い果実(高さ約2cm)
。皿状の蓋のように見えるのは柱頭とのこと。左:完熟・右:完熟前。完熟すると皿状のフタが平らになり、その下に口が開いて(右写真参照)風が吹くとそこからタネが拡散。★画像: ©田中 肇氏
 
果実-2: 花は1ヶ月強咲き続けた。未熟な種子にも発芽力があるので、開花後の刈り取りは、分布を広げることになるとか。除去するには、最低でも花が咲く前、一番効果的な除去方法はロゼット状態の冬期が一番とのこと。撮影:2015/05/23
果実-3 ケシ粒のような」とは「極めて小さい」の意味。大きさ:0.6×0.7mm、平均1500粒/果実、最大100コの果実/個体=最大で一個体から15万粒の種子が生産されるとのこと。撮影:2015/05/21

8 オオキンケイギク(キク科):特定外来生物を区内で発見 
生態系被害防止外来種緊急対策外来種-.30
栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されています。
指定:     「特定外来生物」指定種、「W100:日本」に指定されている。
生態的特性: 路傍、河川敷、線路際、海岸などに生育する。 開花期は5-7月。
侵入と経緯: 北米原産、1880年代観賞用、緑化用に導入。全国的に逸出している
影響:  強靱な性質のため全国的に野生化し、河川敷や道路にしばしば大群落をつくっており、在来生態系 への影響が危惧されている。種子生産量は1平方メートルあたり3000-5000粒といわれている
罰則:   外来生物法に基づき、特定外来生物としての罰則があります。
情報:   ★環境省ホームページ、「外来生物法」オオキンケイギク。
その他情報: 「環境省九州地方環境事務所」:「外来生物対策-オオキンケイギクについて」を検索すると、特定外来生物法、オオキンケイギクの特徴、駆除方法などの情報が得られます。

オオキンケイギク:花はキバナコスモスに似るが、葉が違う(右写真参照)。区内の集合住宅の敷地で撮影:2015/07/10

オオキンケイギク(葉):きれいなせいか、花がすべて盗られ、葉だけが残っていた。左写真と同地で撮影:2015/07/10

:。区内民家の鉢植え:法律で植えることが禁止されている植物であることを知らずや。区内で撮影:2015/07/10

9 オオキバナカタバミ(Oxalis pes-caprae L)近年、杉並区内でも分布を広げている。掲載:2017/04/20
指定:     「その他:総合対策外来種-122. カタバミカ科 カタバミ属 (多年草)
生態的特性: 市街地、道端。 株元に多くの鱗茎を作って増える。 日当たりがよい、肥沃地を好む。開花期は3-4月。冬に繁茂し、耐寒性がある。一度入り込むと除去が難しい。家畜に有害。
侵入と経緯:南アフリ原産。1890年代に入り、1961年に野生化が確認され関東~琉球で逸出。
繁殖生態: 主に栄養繁殖.根部の鱗茎が分離して増えるため土壌の移動により広がる。一度定着するとはびこる。
影響:     在来の春の植物が影響を受ける。
除去方法: 鱗茎がこぼれ落ちないように抜き取る。
参考情報: ★環境省ホームページ、「外来生物法」、「侵略的外来種」。(閲覧:2017/03/20)

花-1: 「紫褐色の斑点が散在する」撮影:2017/04/01

花-2:新築家屋の庭に植栽されているのを見かけます。

群落地分布をひろげています。区内で撮影:2015/04/17(含左写真)

10ハナニラ(Ipheion uniflorum (Graham) Raf..)近年、杉並区内でも分布を広げている。掲載:2017/04/20
指定:     「その他:総合対策外来種-150。ヒガンバナ科 ハナニラ属 (多年草)
生態的特性: 日当たりの良い地を好み、耐寒性が強い。全体にニラのような臭いがする。
侵入と経緯: メキシコ~アルゼンチンが原産地。明治年間に花卉として導入。本州、四国、九州に分布。
繁殖生態:  開花期は3~4月で、春期のみ地上に現れる。種子は水で運ばれる。
影響: 土手等に繁茂した場合、在来の春植物(アマナやスミレ類など)との競合が懸念される。旺盛に繁殖するため、植えられたものが各地で逸出して、野生化した。耐寒性がある。
除去方法: 鱗茎で繁殖するので、小球が母球からはずれないように、抜き取る。
参考情報: ★環境省ホームページ、「外来生物法」。(閲覧:2017/04/19)
花-1: 「ニリンソウ」と思って見ると、残念、ハナニラでした。撮影:2017/03/18
花-2:葉をもむと、ニラのような臭いがありますが、があるとするサイトもあります。撮影: 区内で撮影:2017/03/18

分布拡大: 分球したのだろうか?  区内で撮影:2017/04/04

11 ヒメリュウキンカ (Ranunculus ficaria L.) 近年、杉並区内でも逸出したと思われる群落を見かけます。掲載:2017/04/20 (環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
● キンポウゲ科 リュウキンカ属 (多年草)
● 分布:  ヨーロッパ大陸の山地の湿った草原や湖沼畔に生える、小型のキンポウゲの仲間。
● 生活史:夏に地上部がない夏眠性の植物。地下に塊根がタコ足状にある。晩秋頃から芽を出し始め、冬の間も少しずつ芽を伸ばして葉を開く。晩冬から早春には株はすでにロゼット状に広がり、中心に蕾を抱き始めているものもある。春に次々と咲く黄色の花弁は萼花弁。花が終わると結実し、晩春のころには小さな金平糖のようなタネをつけ、葉は次第に黄変して休眠に入る。
● 繁殖生態: 種子、地下にあるタコ足状の塊根を伸ばす。
● コメント:  早春の寂しい草地で咲きはじめる本種は、黄色い照りのある花が群れて咲いていると、とても目立ちます。しかし、場所によっては、本種の分布拡大で在来の春植物が影響を受けると思われます。
参考情報:  NET: 「みんなの趣味の園芸」NHK出版:閲覧: 2017/04/19 

花-1:花にも葉にも照りがある。杉並区内で撮影:2017/03/05

花-2: 区内で撮影:2017/03/18

群落地面をおおうように広がってゆく。撮影:2017/03/30

12 ホソバオオアマナ (Ornithogalum orthophyllum Ten.) 近年、杉並区内でも本種を見かけるようになりました。 (環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
キジカクシカ科(ユリ科) オオアマナ属 (多年草)
分布: 「ヨーロッパからアジアにかけての原産で世界の温帯域で観賞用に栽培されている多年生草本」。
□□□: 「直径4cmほどで、膜質の苞から出る長い柄の先に一つつき、全体として穂状となる」。開花期は(区内)では4月下旬~5月上旬頃。
繁殖生態: 鱗茎で栄養繁殖する。「鱗茎を含んだ土の移動などで逸出し、しばしば野生化している」。
除去方法: 鱗茎で繁殖するので、小球が母球からはずれないように、抜き取る。
参考図書: 『日本帰化植物写真図鑑』p408、2001(4刷)、清水矩宏、森田弘彦、廣田伸七、全国農村教育協会。
種名□□: オオアマナとホソバオオアマナの同定は、新宿御苑のNET情報に従いました(閲覧:2017/05/03)。
コメント: 5月の連休期間中に、新宿御苑のラクウショウの樹下一面に白く咲く本種は、見事です。特に、ラクウショウの気根と共に写すと、下のような写真になります。ところが、新宿門の入口外、「母と子の森」内部の所々でも見かけたので、かなりの繁殖力なのではないかと思いました。区内でも近年見かけています。
  新宿御苑のラクウショウの樹下に広がるホソバオオアマナ:撮影:2017/05/01
区内でも見かけるようになった(ホソバ?)オオアマナ
 

13 ニューフェイスの外来植物   (環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
ミツカドネギ と ベニカタバミ
13-1. ミツカドネギ(三角葱) ヒガンバナ科(ユリ科) ネギ属 (多年草)。逸出。
(環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
●学名: Allium triquetrum L. (1753)。属名: ラテン語のニンニクの古名から。種形容語:「3稜形の」。
和名の由来:花茎が3稜であることから。
分 布: 地中海沿岸が原産。日当たりのよい、やや湿った場所。
□□: 開花期(区内)では4月中旬~5月上旬頃。花茎の先に鐘形の白花を数輪つける。6枚の花被片の内側には緑の線が入る(★下写真参照)。
繁殖生態: 鱗茎で栄養繁殖する。「鱗茎を含んだ土の移動などで逸出し、しばしば野生化している」。
参考サイト: 「GKZ 植物事典」の「ミツカドネギ(三角葱)」。
コメント: ニューフェイスなので、情報が少ない。区内の日当たりのよい、やや湿った場所に生育していました。

花茎: 善福寺風致公園で撮影:2017/05/04

白い花弁に緑色の筋が入るのが特徴:善福寺風致公園で撮影:2017/04/30

葉: 扁平でネギ臭がある。善福寺風致公園で撮影2017/05/04

 13-2-1. ベニカタバミ カタバミ科カタバミ属 (多年草)。
(環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
●学名:  Oxalis brasiliensis Lodd. (1884): 属名:ギリシャ語の「酸っぱい」が語源・種形容語:「ブラジルの」。
和名の由来:花がカタバミに似て、色が紅色なので。
分 布: 南米原産。日当たりのよい場所。
□□□: 開花期(区内)では4月下旬~5月上旬頃。長い花茎の先に紅色の花を数輪つける。花は5弁で、濃い紅色の筋がある。
□□□: ハート型の少し厚い小葉を3枚合わせた3出複葉。その葉の大きさは、花と同じぐらいで、良く似た南米原産のイモカタバミ・南米原産のムラサキカタバミ(★比較のために下にカタバミの項目の下に、両種の写真を追加しました2017/05/30)と比べると、小さい。
繁殖生態: 小鱗茎をたくさんつけて栄養繁殖する。鱗茎を含んだ土の移動などで逸出し、野生化している。
参考サイト: 「かぎけんWEB」の「ベニカタバミ(紅片喰)」。
コメント: ニューフェイスなので、情報が少ない。区内の明るい土手に生育しています。より身近なカタバミ属の外来種として、下段に「ムラサキカタバミ」と「イモカタバミ」を下に掲載しました。イモカタバミとの違いが分かりますか。

2017/04/30

2017/05/04

葉: 2017/05/04
  13-2-2: ムラサキカタバミ: 2015年発展的に解消された「要注意外来生物」に指定されていた。多年草
●学名: Oxalis debilis Kunth subsp. corymbosa (DC.) Lourteig。属名:ギリシャ語の「酸っぱい」を語源としている。種形容語:「弱い」。
和名の由来:カタバミに似て、花が紫色であることから。
分 布: 南アメリカ原産。日当たりの良い肥沃地を好む。
□□: 開花期(区内))では4月~6月頃。花茎の先に淡紅色の花を数輪つける。花弁は5個で、「やや濃色の脈あり.雄ずいは長短合計10個」(★下写真参照)。
繁殖生態: 「両性花,虫媒花.果(日本では結実しない)」,「株元に小さな鱗茎を生じ,これが散らばって殖える」。「鱗茎(50~100以上)により繁殖」。
参考サイト: 「侵入外来生物データ・ベース」環境省。

ムラサキカタバミ(花):区内で撮影:2016/04/25

ムラサキカタバミ(花)は単独で見かけることが多い。区内で撮影:2016/04/25

 ムラサキカタバミ(葉):区内で撮影:2016/04/25
 13-2-3: イモカタバミ: 多年草
(環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)
学名: Oxalis articulata Savigny(1797)。属名:ギリシャ語の「酸っぱい」を語源としている。種形容語:「有節の」。
和名の由来:カタバミに似ていて、地下に塊茎があることから。
分 布: 南アメリカ原産。
□□: 開花期(区内))では4月~6月頃。花茎の先に下写真のようなムラサキカタバミより濃い紅色の花を数輪つける。雄しべの葯の黄色が目立つ。花弁は5個(★下写真参照)。
繁殖生態: 主に地下の塊茎が分かれて増える。塊茎の一片でも残すと、そこから発芽する繁殖力を持つ。本種は比較的、群落を作って生育している。2006年に善福寺風致公園で始めた「野生生物保護区」での当初の作業は、半分がイノコヅチ・半分がイモカタバミの除去作業だった。。

イモカタバミ(花-1):2017/05/28

イモカタバミは群落で見かけることが多い。(花-2):2017/05/28

イモカタバミ:球茎が縦に串団子のようにつながっている。5コもつながっているものもあった。撮影:2006/05/30

 NEW 13-3. ヒメヒオウギ(姫桧扇) アヤメ科フリージア属 (多年草)。逸出。
(環境省の「生態系被害防止外来種」の指定は受けていません)。善福寺風致公園で撮影: 2017/06/09
●学名: Freesia laxa (Thunb.) Goldblatt & J.C. Manning. (1995)。
和名の由来: ヒオウギに似て、小さいから。
分 布: 南アフリカ原産。日当たりの良い場所。
□□: 開花期(区内)では5月下旬~6月上旬頃。6枚の花びらのうち、下3枚のつけ根に濃い紅色の斑が入る(★下写真参照)。
繁殖生態: タネと鱗茎でも栄養繁殖する。2017/05月に侵入に気づいたニューフェイス。
参考サイト: 「GKZ 植物事典」の「ヒメヒオウギアヤメ(姫檜扇菖蒲)」。
コメント: ニューフェイスなので、情報が少ない。

オレンジ色の花

左写真近くで撮影した果実。

 なんと、白花ありました。


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.