エノキを食草とするゴマダラチョウ:左から幼虫、羽化直後、成虫。撮影)成虫:高久晴子
 昆虫:蝶の道
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。
最新更新日: 2016/04/05・写真:他に明記なき場合は筆者
下の青字の上でクリックするとその場所へジャンプします。
0.参考図書
 1.はじめに
2. 「公園」のチョウ 3. チョウは
完全変態
 4.チョウの
生活史
5.:幼虫の餌(食草) 
6.成虫の
蜜源植物
7:成虫の
蜜源樹液
 8 .吸水
9.「蝶の道」
づくり
10.キアゲハの黒化型&クロアゲハの悲劇 
善福寺風致公園を以下「公園」と略す。
0.参考図書

*1 『杉並区自然環境調査報告書:(第6次)』平成27(2015)年、P106-107。杉並区環境課

*2 『イモモシハンドブック①・②』:安田 守、2010/2012
㈱文一総合出版

*3『日本のチョウ』:日本蝶類保全協会:㈱誠文堂新光社、2012
本ページでは、次のように略しています。
・善福寺風致公園を「公園」、
・「公園」下池にある野生生物保護区は「保護区」。

1. は じ め に  
 チョウの一般情報
チョウの歴史: 中生代、「ジュラ紀から白亜紀になると、花の咲く植物(被子植物)がたくさん種類をふやします」。「花に色々な形ができると、それをじょうずに利用できるような、長い口を持つ種類もあらわれました。今のような大きなグループになったのは、植物の変化にあわせて生きることができるグループが、次々と出現したからだろうと推定されているのです」。(児童書『チョウとガの不思議な世界』矢島稔、㈱偕成社2001、P69-71。また、児童書『樹液をめぐる昆虫たち』矢島稔、㈱偕成社、2005、P136には「鱗翅目」の系統図が掲載されている。
 ★サイト京都大学大学院 生命科学研究科の「蝶の化石」に、新生代、第三紀から蝶の化石が発見されたことが言及されている。
チョウの分類: 動物--節足動物--昆虫--チョウ(鱗翅)(wiki.)
チョウの生息環境
 日本列島の気候は、「ほとんどの地域は 温帯に属し、温帯の温暖湿潤気候に属する。だが北海道や東北地方は 亜寒帯に属する。 また、南西諸島の気候は、亜熱帯」(wiki.)。  また、標高で見ると、高山地低山地平地に分かれ、高度を増すほど気温が下がる環境にあるので、  それぞれの環境に適応したチョウが生息し、日本産のチョウの種数はおおよそ250種とのこと(wiki.)。平地に生息するチョウでも上参考図書*1の場合、活動域が、樹林性、林縁性、草地性に分かれる。 
 「保護区」での活動
保護区」について
2005/2006年『杉並区自然環境調査報告書(第5次)』上参考図書*1は6次だが、5次の「公園」の調査を担当された遠藤 博氏から、「公園」の一角に、区貴重植物があることを教えていただいた。そのことを、当時「公園」管理者だった秋山氏に伝え、ここを「保護区」としてボランティアが管理できないかを打診し、了解を得た(約1000㎡、区貴重植物もあったが、ほとんどは外来種と秋にイノコズチが繁茂していた場所)。
背景1
: ★本サイト生物の多様性」(参照)にあるように、当時は日本の環境関連法が大きく変わってゆく時期にあって、東京都は平成12(2000)年「野生生物との共生をめざして-東京都野生生物保護育成指針を発表した。同書のP15「ビオトープは生物の生息空間を意味する言葉であるが、土地の持つポテンシャルに従った生物の生息空間を、人間と共生できるよう配慮することで、自然の復元をはかることができる」。P39「都市公園は概ね人間が立ち入って利用することを前提にした施設であるが、人間に立入を制限する区域を  一部確保し、豊かな生態系を保全あるいは復元するなどのエコアップを図ることも必要である」があった。
背景2: この内容は、2006/12/25東京都がより具体化した各「公園別マネジメントプラン」として発表した。  「公園」の場合、「都民・NPO 等との連携により動植物の生息・生育空間を守り育てる」ことが10年後の目標の一つになった。

2. 「公園」 のチョウ
「保護区」でまずしたこと: 2006年3月に、「公園」の「保護区」で活動を始めるにあたり、まずしたのは、
1) 「保護区」の植生調査★本サイト報告書」2008年発行参照、
2) 繁茂する外来植物の選択的除去作業★本サイト帰化植物戦略」参照、
3) 「保護区」にある在来貴重植物の保護と同時に、
4) 一番身近な昆虫であるチョウの区内生息状況を知ること: チョウも他の生物同様に長い時間をかけて他生物と関係しながら地域の環境に適応して命をつないできた生物であり、地元で生息するチョウの情報を集めることは、地元の自然を知ること。そして、その情報に基づいて「蝶の道」づくりをすれば、上述「1」の「土地の持つポテンシャルに従った」・「エコアップ」になるのではないかと考え、『杉並区自然環境調査報告書』上参考図書*1のP107から「公園」の情報を抽出したのが下の表(下情報は6次だが、当時は2000/2001 調査年とした 第4次(発行:2003年)情報が最新だった。第4次の「公園」の種数は18種(P94)。2008年発行の5次では場所別種別掲載がないので、下表には第4次と第6次を掲載している。
 科名*1   種名*1   食草
*2
越冬態*2
樹林性 林縁性 草地性 4
6
*1生活型 00/01 12/13
セセリ
チョウ
ダイミョウセセリ ヤマノイモ科P45 幼虫 -  
イチモンジセセリ イネ/カヤツリグサ科、P48  幼虫  -   -   
3 *1キマダラセセリ  イネ科、P47   幼虫 -  - 2010
アゲハ
チョウ      
1 ジャコウアゲハ ウマノスズクサ、
P20
 -  -   - 2013~
-
カラスアゲハ ミカン科:P18    -   
キアゲハ  セリ科:P16  -    -  -
ナガサギアゲハ  ミカン科:P17   蛹    -  -    - 
クロアゲハ  ミカン科:P18   蛹   -  -   
アゲハ  ミカン科:P16   蛹      -   
アオスジアゲハ  クスノキ科、P20   蛹  -  -  
シロ
チョウ
    
    
1 キタキチョウ マメ科:P22  成虫  -     
*2モンキチョウ マメ科:P23 幼虫 -    -   
ツマキチョウ  アブラナ科:P23  蛹 -    -   
スジグロシロチョウ  アブラナ科:P22  -    
モンシロチョウ  アブラナ科:P21  -  -    
シジミ
チョウ

       
1  ウラギンシジミ マメ科:P24  成虫 -   -  
  *1ミズイロオナガシジミ  クヌギ、コナラ:P26   -   -  - 2010 -
2  北上1:ムラサキツバメ 常緑ブナ科:P24 成虫  -  - -
3  北上2:ムラサキシジミ  ブナ科:P24  成虫  -  - -
4  *3ベニシジミ  タデ科:P29  幼虫 -      - 
5  ルリシジミ  マメ科など:P30  -    
6  *4ツバメシジミ  マメ科:P30  幼虫 -   -    -  
7  *5ウラナミシジミ  マメ科:P31  不定  -  -    
8  ヤマトシジミ  カタバミ:P29  不定  -   -   
タテハ
チョウ

 
     
*6テングチョウ  エノキ:P32  成虫    -   - 
ツマグロヒョウモン スミレ科:P36  蛹/幼虫  -   -    -  
*7コミスジ マメ科:P37  幼虫  -     -   - 
ルリタテハ ユリ科:ホトトギス:34 成虫 -  
キタテハ カナムグラ:P33 成虫  
  *2ヒメアカタテハ  キク科:ヨモギP32  不定  -   - 2011
アカタテハ イラクサ科:P33 成虫   
*8コムラサキ ヤナギ科:P39 幼虫  - -  
アカボシゴマダラ
生態系被害防止外来種
エノキ:P39 幼虫 - -  
ゴマダラチョウ  エノキ:P39  幼虫   -   -   
10  *9ヒカゲチョウ  タケ・ササ類:P43 幼虫  -   -   
11  ヒメジャノメ  イネ/カヤツリグサ科、P41 幼虫     -   
12  サトキマダラヒカゲ  タケ・ササ類:P43 蛹   -   
  クロコノマチョウ  イネ科:P42  成虫 -  -2010
合計  34              18 34 
背景色+記号の説明: 下段を参照。
「第4次」の列にある「-」: 報告書調査会は「確認せず」を示す。数字は個人的に確認した年を示す。
黒丸: 『杉並区自然環境調査報告書』の「第4次」、「第6次」の調査年において、報告書調査会が生息を確認したことを示す。更に、環境分類の「「樹林性」、「林縁性」、「草地性」別の生息域を示す。
(赤丸)5: 「北上するチョウ」で知られ、杉並区で近年見られるようになった種、★本サイト蝶の北上」参照。参考資料:『チョウの分布域北上現象と温暖化との関係』北原正彦、地球環境研究センターニュース、2006/12月。

「第4次」の18種と「第6次」の34種の差、16種の解説(背景色+記号説明を含)
背景黄色:「第4次」で「公園」では確認がされていなかったが、毎週ボランティア作業をしていた当時に確認していた種(含撮影できていない種)だが、「第6次」調査では「公園」で確認されているチョウ、*1*9
*1  キマダラセセリ  2008/06/15に開催された観察会当日、サンゴジュ近くで見かけ撮影している。
★2010年撮影下段写真参照。
*2  モンキチョウ 食草が身近な植物のツメクサの仲間。近隣の「桃井原っぱ広場」のような「草地性」で見かけているので、「公園」にも飛来する可能性はあると判断。 ★下段写真参照。 
*3 ベニシジミ  「草地性」のチョウで、食草はスイバ、ギシギシの仲間。「公園」には外来種のギシギシが繁茂しているので、ベニシジミは比較的見かけるチョウで「公園」で2011年に撮影されている。★本頁「6」の「夏の蜜源植物」ツワブキに2011年撮影を掲載。
*4  ツバメシジミ  食草はシロツメクサの蕾を含むマメ科植物の新葉・蕾・花などで、比較的身近にある食草。成虫は開帳2.5cm程と小さく見逃している可能性があり、「公園」では撮影されていないので、高久晴子氏が神代植物公園で撮影された ★下段写真参照。 
*5  ウラナミシジミ  食草はマメ科植物。近隣ではハギの蕾・クズの蕾に産卵しているようだ。「草地性」なので明るい場所で見かけるが、「公園」では撮影されていない。★本頁「6」の「秋の蜜源植物」クズで高久氏が撮影された写真を掲載。
*6  テングチョウ  食草はエノキの葉。「公園」にはエノキが比較的多くあるので、生息していてもおかしくない。テングチョウは2012年「保護区」のエノキで、公園SCで2006、 2015年にも確認している。 ★下段に写真掲載
*7  コミスジ  食草はマメ科植物で、比較的ゆたり飛翔し、葉で翅を広げて休んでいることが多く、撮影記録も比較的あるチョウ。★2011年撮影した下段写真参照。
*8  コムラサキ  食草はヤナギ科の植物。「公園」には大樹のシダレヤナギが近年数本倒木やその恐れから伐採されている。コムラサキは都レッドデータブックの「保留種」。倒木後には「公園」でたった1本しかない湧水地だった歴史を担う在来種のアカメヤナギの雌木を挿し木にした代替樹木として植栽していただきたい旨、★本サイト「公園の役割」8-1でお願いしている。また、同サイトには、高久晴子氏が2005年「公園」で撮影された成虫写真を掲載している。幼虫写真は★本頁 「5」「食草」参照。
*9  ヒカゲチョウ  食草はアズマネザサなど。暗い場所で生息している。「保護区」でも時々見かけた。
下段写真は2010年撮影クヌギの樹液を吸っていたが、翅がいたんでいた。
背景桃色:「第4次」、「第6次」でも「公園」で確認されなかったチョウ
*1 ミズイロオナガシジミ  都レッドデータブックの「留意種」で、★本サイト公園の役割」8-1に浅野井律子氏が2010年に「公園」で撮影し写真を掲載している。食草のコナラは公園開園以前に農用林として利用された地元の歴史を担うが、数本しかなく、しかも老木ばかり。
枯損後の代替え植栽: 「公園」のコナラ地元在来種)の実生から育った稚樹があるので、それを是非移植して、農用林の歴史とミズイロオナガシジミの命をつなげていただきたいと願っている。
*2 ヒメアカタテハ 本頁下 「6」の「秋の蜜源植物」のキツネノマゴ(2011年撮影)とノギクの仲間で吸蜜している写真を掲載。区内で確認した食草は★本サイトヨモギ」を参照。
背景色黒: 「蝶の道づくり」対象種4種の内、「第6次」の報告書で調査会によって確認されなかった2種は、1)ジャコウアゲハ、2)クロコノマチョウだ。詳細については、 ★本頁下 「9」の「蝶の道づくり」参照。

「4次」で確認されず、 「6次」で確認されたチョウの一部 

*1キマダラセセリ: 「公園」で撮影:2010/08/30・高久晴子氏

*2モンキチョウ:「桃井原っぱ公園」で撮影:2014/07/17

*4ツバメシジミ:後翅橙色斑が特徴。神代植物公園で撮影:2006/07/30・高久晴子氏

*6テングチョウ:「公園」で撮影:2006/03/28

 *6テングチョウ:エノキをうろうろしていた「保護区」で撮影:2012/07/18
 
 *7コミスジ:「公園」で撮影:2011/09/07

*9クヌギの樹液を吸うヒカゲチョウ:「公園」で撮影:2010/07/25

北上1ムラサキツバメ:幼虫は下「5」「食草」参照。撮影:高久晴子氏
 
北上2ムラサキシジミ:井の頭公園で撮影:2007/11/24・高久晴子氏

3.チョウは完全変態
 卵→(孵化)→幼虫→(蛹化)→→(羽化)→成虫
 
完全変態」する身近な昆虫: カブトムシ、チョウ、ハエ、ハチなどがいる。(wiki.「変態」)。
アゲハの幼虫の場合: 5回の脱皮を繰り返し、それを順に1齢幼虫~4齢幼虫(体色は白黒で鳥のフンに擬態しているといわれる)、最後は5齢終齢幼虫と呼ばれる緑色の体色になるまでの幼虫段階がある。
因みに、受験の理科問題に出題される完全変態不完全変態の違いは、期を経ずに成虫へ脱皮するのが不完全変態で、「若虫と成虫の形態がよく似ており」。。。「カマキリ、ゴキブリ、トンボ、セミ、バッタなどが代表的な例」(wiki.「変態」)。
キアゲハの成長過程
:(★下写真参照)
1) : 成虫の雌が幼虫の食草になるセリ科、ここではアシタバの葉に卵を産む。「保護区」にはミツバもあるが、圧倒的にアシタバを食草として選んでいた。
2) 幼虫(1齢~4齢):卵からふ化したばかりの幼虫を1齢幼虫といい、その後脱皮して、★下写真(2-1~2-2)にあるような白・黒の体色をした幼虫となって成長を続ける、
3) 幼虫(5齢幼虫):前蛹(よう)になる前の5齢幼虫は★下写真3)の体色をしている、
4) :幼虫が蛹になる場所を探して動き回り、枝などに作った糸を巻き付けて体を支え、幼虫期の皮を脱いで★下写真4)になる。幼虫時代に徐々に準備していた翅を蛹期に翅を持つ体に変態させる。
5) 成虫:蛹の頭部から皮が裂けてくる。体を移動させ、翅を徐々に広げて乾かす。数時間はかかるそうだ。自宅で飼育した際には、朝起きたらもう終わっていた。★本サイト「緑の回廊」の「エコガーデン」のキアゲハは、筆者が見たときにはもう翅はほぼ乾かし終わっていた。後で聞いた話では、小雨降る中、翅を乾かすのを見ていたお孫さんが「翅が濡れぬよう傘をさしていた」と、お祖母ちゃんが教えてくれた。
キアゲハの成長過程 

1):撮影:高久晴子氏
 
2-1)若齢幼虫撮影:浅野井律子氏
 
2-2)中齢幼虫

 3)終齢幼虫:ある年の8末-9月、20頭程ついた。撮影:2010/09月
 
4)期があるのが完全変態の特徴

5)成虫: 撮影:高久晴子氏

4.生活史:東京のアゲハの場合: 参考図書*3
チョウの生活史: 一世代または一年の生活史を卵・幼虫・蛹・成虫に区分して示したもの。気象条件や場所により、成虫の発生時期が異なる場合も多い。アゲハの場合の年発生回数: 3~5回、少ないツマキチョウは年1回で、種によってそれぞれ違う。グレーの背景色の期間は、それぞれの形態が見られる。
アゲハの越冬態 アゲハの食草(幼虫の餌)サンショウ(「公園」で確認した植物の場合)、
アゲハの蜜源(成虫の餌): ツツジ類、アザミ類、ヤブガラシなどを訪花。
 春     冬  
卵      この間
普通3~4回
発生    
       
 幼虫            
蛹             
 成虫            

5. 食 草:春・夏・秋順 + 食草名をあいうえお順。他に明記無き場合撮影:「公園」
「★」は本サイトの「植物MENU」にある各植物の情報へジャンプします
チョウの生息に必須のもの 1)幼虫が食べる食草と、2)成虫が餌とする蜜源がセットになって、チョウは命をつないでいる
食草(含食樹
): チョウの幼虫が食べる食餌植物のことで、食べる食草(以下「食草」に統一)はだいたい種によって決まっている参考図書*2。特に、幼虫はほとんど動き回れないので、幼虫が蛹になるまで生息できる食草がないと生息できない。筆者の体験では、鉢植えのサンショウにアゲハの幼虫がついて丸坊主になってしまったとき、幼虫は木から一斉に降りて、周辺をうろうろしていった。もうそこにサンショウはないのに。

セリ科:シタバキアゲハ(終齢幼虫)撮影:2010/09月

イネ科:ズマネザサ(本サイトヒカゲチョウ(終齢幼虫)撮影:2012/08月

ブナ科ラカシに産卵するムラサキシジミ。アラカシ:★本サイト参照。区外で撮影:高久晴子氏 

マノスズクサ(★本サイト)と
ジャコウアゲハ(終齢幼虫)撮影:2015/06月
 
ノキ(本サイト)ゴマダラチョウ(終齢幼虫)2頭。撮影:2010/09/29

(本サイト)とクロコノマチョウ
(終齢幼虫)。撮影:2010/09月

タバミヤマトシジミ(1)区内で撮影:2015/7月 

タバミヤマトシジミ雌?(2)区内で撮影:2015/7月 

ヤマトシジミ雄(表翅)ここでの蜜源タンポポ。区内で撮影:2015/7月

ラムシ(本サイトアカタテハ
(幼虫): 通常葉をたたんだ中にいる。失礼して撮影:2014/05月

(1)本サイトウラギンシジミ:花の色と同色にして天敵から逃れる。区外で撮影:浅野井律子氏

(2)ウラギンシジミ:小さい個体をよく探されたと驚くばかり。区外で撮影:高久晴子氏
  
スノキ(本サイトアオスジアゲハ(終齢幼虫)撮影:2011/07月

ンショウ(本サイトアゲハ(幼虫)撮影:2005/6月
 
サルトリイバラ/オデ/ホトトギスルリタテハ(終齢幼虫)。撮影:2008/09月

ミレの仲間ツマグロヒョウモン
(終齢幼虫):撮影:2010/10/06

テバシイ(本サイトムラサキツバメ
(終齢幼虫):撮影:高久晴子氏

ナギの仲間(本サイトコムラサキ(終齢幼虫):撮影:高久晴子氏

6.蜜源植物:チョウに人気の「公園」の花たち:  撮影地が「公園」外の植物でも、「公園」にあることを確認した。★は本サイトの「植物MENU」にある各植物の情報へジャンプします
チョウの生息に必須のもの 1)幼虫が食べる食草と、2)成虫が餌とする蜜源がセットになって、チョウは命をつないでいる。さらに、成虫が生息できるように春から秋まで連続的にチョウの生息域に蜜源がないとチョウは生息できない。
蜜源植物: 春~初夏*3
 
ムラサキケマンツマキチョウ:同種は年1回発生。P82。「公園」外で撮影:2011/04月高久晴子氏

トチノキ本サイト:蜜が豊富でアゲハの仲間が訪花していた。「公園」で撮影:2014/05月 

ツツジの仲間本サイトダイミョウセセリ:食草は★本サイト:ヤマノイモ。「公園」で撮影:2013/06月
 
外来タンポポ種群要外注)(本サイト)とアゲハ:背中の「基半部は白色と黒色からなる線状」参考図書*3:P63。「公園」で撮影:2008/6月

ウツギ(★本サイト「ウツギ」参照)とツマグロヒョウモン。「公園」の本種は毎年強剪定され悲しい姿に。武蔵野台地関連樹でもあり、大切にしたい低木。撮影:高久晴子氏
 
 サンゴジ(★本サイト)とスジグロシロチョウ。このサンゴジュは2015春に枯れていた、残念。「公園」で撮影2010/06月
蜜源植物:夏~晩夏  
ヤブガラシ(★本サイト参照)は花期が長く、6月末頃~秋まで咲き続ける。花盤に蜜がたっぷりあるので、チョウばかりでなくハチ類なども訪花する貴重な夏の蜜源植物。しかし、「公園」管理者にとっては嫌われ者で、花が咲く前に刈り取られてしまう。金網の一部だけでも「野生生物のために」残していただきたい植物の一つ。
 
ヤブガラシアオスジアゲハ。本種は「公園」でも確認済みだが、撮影は別地。撮影:2009/07月・高久晴子氏

ヤブガラシアゲハ。本種は「公園」でも確認済みだが、撮影は別地。撮影:2014/09月 

ヤブガラシジャコウアゲハ。「公園」のウマノスズクサに初めて本種の幼虫がついたのが2013年。以後毎年確認。区外で撮影:高久晴子氏

ヤブガラシホシミスジ(近年報告された):井の頭公園で撮影:2014/06/30・高久晴子氏

ヤブガラシイチモンジセセリ。本種は「公園」でも確認済みだが、撮影は別地。撮影:2014/09月

 キツネノマゴイチモンジセセリ。井の頭公園で撮影;2013/8月

クサギ本サイトナガサキアゲハ。クロアゲハやオオスカシバも吸蜜に来ている。7月~8月に花が咲くと、数m先から香りる。夏の貴重な蜜源植物になっている。「公園」で撮影:2010年07月・安藤伸良氏

キツネノマゴ本サイトキタキチョウ。本種は「公園」でも確認済みだが撮影は別地。晩夏~秋に咲き、小型のチョウが多数訪花する貴重な蜜源植物。 区外で撮影:2014/08月・高久晴子氏

キツネノマゴヤマトシジミ。ヤマトシジミは一番身近なシジミチョウの仲間だが、飛び回ってなかなか写真が撮れない。区外で撮影:2014/08月・高久晴子氏

 キツネノマゴヒメアカタテハ:「公園」で撮影:2011/09月

 キツネノマゴとキタキチョウ:「公園」で撮影;2011/9月

 キツネノマゴとモンシロチョウ「公園」で撮影;2011/9月
蜜源植物:秋~晩秋  

 ヒガンバナアゲハ。「公園」で撮影:鳥川豊氏2007/9月

オトコエシツマグロヒョウモン:撮影:2010/09月初旬

クズサイト参照とウラナミシジミ:区外で撮影:高久晴子氏2011/09月 

ノギクの仲間とヒメアカタテハ(1)。区外で撮影:2011/10月 

ノギクの仲間とヒメアカタテハ(2)。区外で撮影:2011/10月 
 
カラスノゴマキタキチョウ「公園」で撮影:2011/10月
   
 タイアザミモンシロチョウ「公園」で撮影:2010/10月  タイアザミイチモンジセセリ:「公園」で撮影:2011/11月  タイアザミと「渡り」で知られる:アサギマダラ:「公園」で撮影:2011/10月・安藤伸良氏  

アザミの仲間ツマグロヒョウモン。野川公園で撮影:2011/10/10
ツワブキキタキチョウ「公園」で撮影:2011/11月 
ツワブキベニシジミ「公園」で撮影:2011/11月  

7.樹 液(含腐った果実など)   
 樹液はどうして出るの? 「公園:には開園前に農用林として利用していた樹齢70年以上と推定されるクヌギが今も残っている(コナラはわずか数本のみ)。「クヌギの古木からは樹液が出ない」と言われたことがあったが、樹皮が厚いコルク質とコルク質の間にある少し赤褐色の所から樹液が出ていた。ある年は、白い泡状になって樹液が出ていて、昆虫類が集まり、甘酸っぱい独特の香りが付近にただよっていた。クヌギの樹皮からなぜ樹液が出るのかについては、『樹液をめぐる昆虫たち』(矢島稔、2005、㈱偕成社)P140「ボクトウガの幼虫が。。。形成層をかじると樹液が出る」ことが観察されたが、「樹液はすべてボクトウガの幼虫によるものかどうか」は今後の研究によるとされています。
 クヌギの情報については★本サイト、コナラについては★本サイトをご覧ください。
 樹液を吸っていたのは圧倒的にカナブンが多く、中にはタテハチョウの仲間のアカボシゴマダラ生態系被害防止外来種)ゴマダラチョウ、サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメ、ルリタテハなどが樹液を吸っているのを観察している。
樹液、腐った果実、尿、動物の死がいに集まるチョウがなぜいるの? 『チョウの不思議』乾実、丸善㈱、1998)P51-52によると、これらを栄養源とするチョウの先祖種は地球上に森林が最も広がっていた新生代、漸新世(ぜんしんせい)、までさかのぼらねばならない。その先祖種から現代のチョウへと進化したものの、遺伝的な要素は受け継がれていると思われている。森林はやがて草原が広がった鮮新世(せんしんせい)頃、になると、花の蜜と深いかかわりのあるチョウの最盛期を迎えた。従って、森林性のチョウは古く、草原性のチョウは後から進化したチョウといえる、とありました。

1)クヌギの樹液で、カナブン、サトキマダラヒカゲなどが樹液を吸っていた。「公園」で撮影:2012/8月

2)アカタテハ:「甲虫たちの間に割り込んで樹液を吸う」区外で撮影・文:高久晴子氏

3)サトキマダラヒカゲ:樹液を吸っている。区内で撮影:高久晴子氏

4)サトキマダラヒカゲ:「落下したハナモモのに群がる」。区外で撮影・文:高久晴子氏

5)ヒメジャノメ:「樹液を吸う」。区外で撮影・文:高久晴子氏

6) ルリタテハ:藍色に白い絞り染めのような縁飾り。自然はおしゃれ。「公園」で撮影:高久晴子氏

  8..吸 水
吸水中は比較的じっとしているので、撮影できるチャンス。不思議なことにコミスジはいつも表翅を広げているように思う。吸水するのは主に雄が多いとのこと、参考図書:*3

アオスジアゲハ:区内桃井公園で撮影:2015/06/29

アゲハ:「公園」で撮影:2013/08/07

キアゲハ:区外で撮影:高久晴子氏

カラスアゲハ:水たまりで吸水。「公園」で撮影:2009/08/12
 
クロアゲハ:区外で撮影2006/09/26・高久晴子氏
 
コミスジ:「公園」で撮影2007/07/06

9. 「蝶の道」づくり
目的:★本頁1」で書いたように、2006/3月始まった「保護区」のボランティア作業は、繁茂する植物の除草から始まった。★本サイト「帰化植物戦略」の「イノコズチ」の抜根作業が終了した場所に、その場所の持つ潜在力(ポテンシャル)があるチョウの内、負荷の少ない(食草は場所が狭いので、草本)、区内で協力入手可能な草本類(予め近隣で協力を得られる場所に打診しておく)を移植し、「蝶の道」を「保護区」につくれるかどうか試した。
どうのうに(How): 1)まず、★本頁2」の情報蒐集をする、2)その結果、「保護区」のチョウの潜在力(ポテンシャル)を見る。3)そして、区内に生息が確認されているが、「第4次」の「公園」の生息不確認種の内、「保護区」に負荷が少なく、区内で協力入手可能な食草を確認した。
何を(What): ★本頁2」の表の「第4次」で黒色配色のチョウ1)アシタバ(キアゲハ)、2)ウマノスズクサ(ジャコウアゲハ)、3)カラムシ(アカタテハ)、4)オギ(クロコノマチョウ)を選んだ。
注意したこと
 1記録を残す: 1)植物を移植する際、いつ、どこから--どこへ、2)2006-2012年度の「保護区」の作業は毎週していたので、その記録を残すとともに、作業後の30分を観察時間とし、開花情報/観察した昆虫などの撮影・記録を残した。
 2食草: ★本サイト「生物の多様性」に配慮して、食草は在来植物で、近隣で入手可能な植物。
 3蜜源植物: 「保護区」は狭く移植できる場所が少ないため、蜜源植物については「公園」と近隣の植物に期待して、特に何もしなかった
 4: 人為による放蝶(含幼虫)をしない: ★本サイト蝶の北上」「7」の「放蝶は慎むべき行為」にあるように、結果を早急に求めないこととし、人為によるチョウの幼虫、成虫を持ち込まないようにした。
結果:アシタバ(キアゲハ)は移植後1年、オギ(クロコノマチョウ)は3年、カラムシ(アカタテハ)は4年、ウマノスズクサ(ジャコウアゲハ)は6年かかったが幼虫を「保護区」で確認することができた。
1)アシタバ: 移植2006年--確認:翌年2007年。以後、毎年確認。
2)ウマノスズクサ: 移植2007年--確認:6年後の2013年。以後、毎年確認。
3)カラムシ: 移植2006年--確認:4年後の2010年。以後、毎年確認。
4)オギ: 移植2007年--確認:2010年、但し、確認は2010年のみ。
1)キアゲハ・食草:アシタバ :移植2006年--キアゲハの幼虫を確認2007年翌年に確認
2006アシタバ移植: 都立農芸高校よりアシタバの株を2株いただき、「保護区」Bへ移植した。
2007/9月幼虫がついた!: キアゲハの幼虫がアシタバについた!。杉並区にはキアゲハの潜在力(ポテンシャル)があり、アシタバは高さが1m程に成長するため、産卵しやすいせいか以後毎年幼虫がつくようになり、「公園」で成虫も見られるようになった。
ミツバよりアシタバが人気: 「保護区」には元々ミツバが自生していて、イノコズチ、外来種の除草を終了すると繁茂した植物だが、キアゲハはミツバよりアシタバを好んで食べている。
アシタバは放置すると繁茂: タネからの実生の発芽がかなりあり、背丈1m以上になるため、間引きが必要な場合もあるので、状況によっては一部除去が必要。  

1))初認の終齢幼虫。蛹化が近いと思われる。「保護区」で撮影: 2007/09/24

2)「保護区」で成虫を確認していないため、近隣「エコガーデン」で撮影した写真を掲載。2010/10/28

3)アシタバ: 区内で撮影: 2015/07/11
2)ジャコウアゲハ・食草:ウマノスズクサ:移植2007年--ジャコウアゲハの幼虫・成虫確認2013年。6年目で、幼虫を確認。★本サイトウマノスズクサ」参照
2007ウマノスズクサ移植: 近隣から2株いただき、明るい環境「保護区」Bと、半日蔭の環境「保護区」Aに移植した。(移植の場合、2株以上が望ましく、同じ場所でなく、違う環境に別々に移植する)
ウマノスズクサの状態: Bゾーンは日照も良いせいか、下右端のように繁ってくれが、Aは日影のため、活着はしたが、細々と命をつないでいた。2014下右端の株が春に芽出ししなかった。前年の秋に枯れた株を切除したせいかと思っていた。すると知人が、「ジャコウアゲハの幼虫は太い株を好まず、太い根元をかじって細い枝が多数になることを求めることがある。しかし、数年後には発芽する」とのこと(にわかには信じがたいが、今後継続観察予定)。安全パイとして植栽したAの細々とした株に2014年、幼虫がついたので、一安心。  

初認のジャコウアゲハの幼虫:「保護区」で撮影:2013/10/28
ジャコウアゲハの成虫: 「保護区」で撮影:2013/11/13・小川一雄氏
 ウマノスズクサを棚仕立てにした。「保護区」で撮影:2012/09/12
3)アカタテハ・食草:カラムシ:移植2006年--アカタテハがカラムシの葉をたたんでいるのを
4年目の2010年確認、翌2011年幼虫確認。
本サイトカラムシ」参照  
カラムシ(アカタテハの食草)移植: 2006、都立農芸高校よりカラムシの株を2株いただき、「保護区」のBとHゾーン所へ移植した。その後、Hゾーンは管理を「公園」へ返却した。「保護区」Bのみになった。 
 2006年、井草八幡宮からヤブマオをいただき、Dへ移植したが、ヤブマオにはアカタテハの幼虫はついたことがない。
 
幼虫はカラムシの葉をたたんで、中にいる。「保護区」で撮影:2010/07/25
 
前年は葉を開かず、この年、葉を開くと、中に幼虫がいました。「保護区」で撮影: 2011/07/10

カラムシは半日蔭でも育ち、群落になる。葉裏が白いのが特徴。「保護区」で撮影:2012/11/27
4)クロコノマチョウ・食草:オギ:移植2007年--クロコノマチョウの幼虫・成虫を2010年に確認、但し、その年のみで以後確認できず。 ★本サイト「オギ」参照   
オギ(クロコノマチョウの食草)移植: 2007、「公園」近くに住む知人が空地所有者からいただき、B(半日蔭))とCゾーン(日影)に移植した。
 2010年7月★下中央写真のクロコノマチョウを「保護区」で撮影した。ヒメジャノメより大型で、暗い地面をゆっくり飛んでいた。目立たない場所を飛んでいるので、生息していても私たちが見ていない可能性があると思った。
移植して3年目、Cのオギに、クロコノマチョウの幼虫がついているのを本サイトでご協力いただいている高久晴子氏に教えていただいた。同じオギでも半日蔭にはつかず、日陰のそれについていた。それは2株ぐらいの量のせいか、以後「保護区」ではクロコノマチョウを確認していない。但し、下池の池中にはマコモ・ヨシの群落地があり、ポテンシャルは充分あるので、生息している可能性は大いにあると思われる。
 
「保護区」で撮影:2010/09/22
 
「保護区」で撮影: 2010/07/14

「保護区」で撮影:2012/11/27

10. キアゲハの幼虫の黒化型とクロアゲハの幼虫の悲劇: キアゲハの幼虫の黒化型は『善福寺公園活動・調査報告書第2集』「保護区通信」を編集して掲載★本サイト「報告書」参照
2010年、肌寒くなる11/24に、普通の終齢幼虫で見られる緑色の部分が黒色で、体の大きさも普通の終齢幼虫に比べると小さい個体を見つけた。そのとき、ボランティア会員の一人は「若齢幼虫じゃない?」と通過したが、筆者は「もしかして」と思う気持ちがあったので、帰宅して普通の齢幼虫の写真と比べて見た。齢の体色は黒だが、中央部に白帯があってナミアゲハ同様「鳥のフンに擬態」していると思われる体色だ。だが、それに良く似ていたが、中央部の白帯がなく全体が黒ぽかった。
それからほぼ1年後の
2011/12/07に撮影した幼虫★下最下段右端掲載を「黒化型」とした。
群馬大学社会情報学部の青木教授開設のホームページ『幼虫図鑑』、「不明幼虫の問い合わせ」欄に、「ナミアゲハ、キアゲハの幼虫の色が黒みを帯びる現象は、晩秋の低温・短日になる時期によく見られ黒化型」と呼ばれる「色彩変異」との回答があった。また、原色日本蝶類生態図鑑(I)』福田晴夫他、㈱保育社: P99によれば、「野外での幼虫は12月に入っても見られ、夏のものに比べて黒化が強くなる。晩秋の幼虫の成長は著しく緩慢」、「Papilio属の中では、最も秋遅くまで幼虫が見られること、最も高地でも生息し得ることは、本種の寒冷地への適応性を示すものである」とあった。
児童書『科学のアルバム、アゲハチョウ』文:本藤 昇・写真:佐藤有恒、あかね書房、新版2006、P44-45では、キアゲハは氷河期、日本列島がアジア大陸と地続きだった時代に、シベリア地方から南下したとのこと。元々は北方系のチョウで、寒さにも比較的強いようだ。

通常型: キアゲハ(左奥)若齢幼虫・(右手前)齢幼虫、撮影:2011/09/14  

キアゲハの齢幼虫: 通常型
区内で撮影: 2011/09/14

キアゲハの齢幼虫: 黒化型。区内 で撮影: 2011/11/16

キアゲハの齢幼虫:黒化型。 区内で撮影: 2011/12/07
クロアゲハ:晩秋の悲劇  
「保護区」のボランティア作業は、2006~2012年度までは原則、毎週実施し、作業後の30分は「保護区」を観察・記録する時間にしていた。「保護区」に実生苗の夏ミカンの仲間の低木が2本ある(狭い場所なので剪定し、低木を維持)。それに、クロアゲハの幼虫がついた。なぜか、クロアゲハだけで、他のアゲハチョウ類はつかない。アゲハはなぜか、サンショウだけについている。
★下写真1) 上述のキアゲハの黒化型が見られた年の同時期、夏ミカンの仲間に下写真1)を見つけた。終齢幼虫で、多分、蛹になれたと推測するが、野生状態では蛹は思わぬところにつくので確認できなかった。
★下写真2) ところが、肌寒くなった同年、11/30に、下写真2)の終齢の幼虫を 「保護区」の夏ミカンの仲間で見つけた。日照時間も短くなり、気温も下がっているのに大丈夫なのだろうか?
★下写真3) 下写真2)から2週間後の写真が下写真3)(同じ場所のミカンの木なので同じ個体とした)をご覧下さい。体色は緑色になっているので終齢にはなっていたと思うのだが、黒くなることもなく、下半分がとけたような状態になって、死んでいた。
児童書『科学のアルバム、アゲハチョウ』文:本藤 昇・写真:佐藤有恒、P44-45では、クロアゲハは上段のキアゲハがシベリア地方から南下したのに比して、それより南の「中国、朝鮮から移動してきたもの」とある。クロアゲハの幼虫が蛹化するには、東京の晩秋、12月は無理だったのだろうか?
疑問1) 2)の幼虫はクロアゲハでよいと思うが、もしかしたら別アゲハか?、
疑問2)
 親は子の成長過程での日照短日、日照不足になるのを察知していると思うが、それでも無駄な産卵をするのだろうか?、
疑問3)下3)が死んだのは、寒冷で成長できなかったのか、あるいは、天敵に食べられて死んだのだろうか? 頭が残っているので、天敵ではないと思ったがどうだろう?

1) クロアゲハの終齢幼虫:ここまで成長すれば蛹になれただろうと推測 「保護区」で撮影: 2011/11/16

 2)クロアゲハの若齢幼虫:肌寒くなる季節なのにこの齢期で、蛹になれるのだろうか?(右へ)。「保護区」で撮影: 2011/11/30

 3)成長できなかったクロアゲハの終齢幼虫(多分)左の幼虫の2週間後の姿。「保護区」で撮影: 2011/12/14


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.