フジ棚・撮影: 5月・鳥川 豊氏
最新更新日:2017/05/16・写真:他に明記なき場合筆者
本ページで間違いなどありましたら、ご連絡いただけると助かります。

緑地:都市公園の役割(公園の多面的機能)
下の濃紺の字の上でクリックすると、その場所へジャンプします。
1)火災の延焼防止(防火樹) 2)防風・防塵・防音 3)ヒートアイランド現象の緩和
4)地表の浸食緩和・洪水緩和
 落葉の循環
5)土砂崩壊の緩和 6)レクリエーションの場
7)教育・学習の場 NEW  8)生物の生育・生息の場  9)美景観の創出

はじめに本ページでは「都立善福寺風致公園」を念頭に置いて書いているので、「公園」の一般情報
住所: 東京都杉並区善福寺2丁目、3丁目。
開園までの経緯
・ 1930:都市計画法により「善福寺風致地区」を指定、
・ 1934:(社)善福寺風致協会設立認可、会長に内田秀五郎氏就任、
・ 1942:都市計画法により「都市計画善福寺公園」計画決定、
・ 1961:東京都告知により「善福寺公園」開園、2000/05/31現在:面積7.8ha
★さらに本サイト地元学:内田翁-6を参照下さい。
風致公園: 都市計画法上の都市施設、都市公園法上の都市公園である特殊公園のうち、主として風致 (自然の風景などのおもむき、味わい)の享受の用に供することを目的とする都市公園であり、樹林地、湖沼海浜等の良好な自然的環境を形成する土地を選定し、配置されたものをいう(wiki.)。
都立公園の風致公園: 赤塚公園、石神井公園、善福寺公園、蘆花恒春園、浅間山公園、武蔵野公園。
特長: かつて武蔵野三大湧水地だった善福寺池(現上池)を中心とする武蔵野の豊かな水と緑の景観を持つ公園。北側に上池、南側に下池があり、善福寺川の水源となっている。
公園の管理・整備方針: 2006/12/25東京都が「公園別マネジメントプラン」を発表し、管理・整備方針を明確にした。三つの基本理念の一つとして「生命を育む環境を次世代に継承する公園」があり、目標として本公園関連のマスタープランでは、
・ 活用する連続した緑の軸と拠点を設け、緑の骨格を形成する、
・ 都民・NPO 等との連携により動植物の生息・生育空間を守り育てる、となっている。
  (★東京都のサイト「パークマネジメントマスタープラン」)より。
参考図書:
・『石神井・善福寺公園』佐藤保雄、1981、㈱郷学舎
・『善福寺池・50年の歩み』(社)善福寺風致協会

 1)火災の延焼防止(防火樹:常緑広葉樹は「緑の要塞」)

常緑のどんぐりの木などは
防火樹としての機能がある

井草八幡宮の多層構造の常緑樹。★本サイト「スダジイ」参照。区内で撮影:2010/10/13

妙法寺のスダジイは境内を守る「緑の要塞」。区内で撮影:2012/08/17
関東大地震で避難民の命を守った岩崎邸は「緑の要塞」  
東日本大震災と防災樹(2011/03/11): 大震災が東北・関東地方を襲い、甚大な被害をもたらした。 仙台市域などの被災地跡を調査した宮脇昭氏によると、土地本来の常緑広葉樹林(高木のタブノキ、シラカシ等と、マサキ、ネズミモチなどの中低木林)が、今回の東日本大地震や大津波に耐えて生き残った。『瓦礫を活かす「森の防波堤」が命を守る』(2011宮脇昭、㈱学研パブリッシング)P10。
関東大震災と防災樹(1923/09/01): 当時更地だった陸軍被服廠跡(現東京都横網町公園)に避難した約4万人の内、生存者は2千人。そこから2km先にあった旧岩崎邸に避難した約4万人は生き残った。その違いは何だったのか?★旧岩崎邸は下掲載写真を参照。
生死を分けたのは: 旧岩崎邸の外周は以下の常緑広葉樹が多層構造で植栽され、「緑の要塞」になって人々の命を守った。一方、陸軍被服廠跡は更地だったため、火の通り道となり逃げ込んだ人々の荷物に火がつき、命を奪った。
                      旧岩崎邸の常緑植物(階層別植栽種)
高木:アラカシ、シラカシ、スダジイ、タブノキ等 亜高木:サンゴジュ、シロダモ、ネズミモチ、モチノキ、モッコク、ヤブツバキ等 
低木:アオキ、ウバメガシ、シャリンバイ、ヤツデ等 草本:ヤブラン等 
下写真は、都立旧岩崎邸庭園、撮影:2015/08/08 & 2015/08/15:
参考図書:『緑と水のひろば32』、(財)東京都公園協会、平成15(2003)年6月

都立旧岩崎邸庭園入口: 撮影:2015/08/15
 
現在の旧岩崎邸地図:「かつては約15,000坪(約50,000㎡)の大庭園だった」。現在は約1/3に縮小。

東大病院入院病棟10Fの食堂から撮影。縮小された現在でも、地域の「緑の要塞」:撮影:2015/08/20
 
同庭園の外塀の内側は常緑広葉樹で囲まれている。撮影:2015/08/15

ジョサイア・コンドル設計竣工1896、氏中期の作品。撮影:08/08

建物東側の芝地:奥ははサンゴジュ、スダジイなど常緑樹が囲む 
 
 2)防風・防塵・防音
常緑広葉樹には上述の防火効果の他に、防風・防塵・防音効果がある。ここでは武蔵野台地の原風景の一つ、樫高垣(かしぐね)について簡単に述べる。
樫高垣(かしぐね)
関東大震災前(1923以前)までは杉並区純農村地帯だった。冬~早春に吹く北風は乾燥した赤土を舞い上げた。空は土埃で黄色に染まり、髪も上着も土埃りで黄色く汚れ、室内もザラザラになった。ところが、この地に長く住み続けてきた旧農家の北側には、屋根の高さまでシラカシなどの常緑カシ類の高垣が「緑のブロック塀」の様に高く、四角く、薄く仕立てられていた。その高垣が家や人を火・風・塵・音から守り、さらに、武蔵野の景観にもなっていた。

例:1・2・3・4) 区内の旧農家の北側に立派な高垣が見つからなかった。そこで、区内の樫高垣(かしぐね)に近い生垣を探し、掲載した。
例:5): 埼玉県入間郡三芳町立歴史民俗資料館で撮影。
この資料館では、循環型農法が300年以上続く武蔵野台地の三富(さんとめ)新田の情報を得ることができる

誤解をさけるために:「公園」に高垣を仕立てることを望んでいるのではありません。常緑広葉樹が家や人々の生活を守る機能を持っていることを知っていただきたかったので掲載しています。


樫高垣(かしぐね)には防風・防塵・防音効果がある

1)シラカシの高垣: ★本サイト「シラカシ」参照
区内角川公園で撮影:2009/10/20 

2) シラカシの高垣: 区内で撮影:2011/09/16
 
3)アラカシの高垣
★本サイト「アラカシ」参照。
区内で撮影:2012/08/17

4)今はないスダジイ(北側に植栽されていた)。★本サイト「スダジイ」参照。区内で撮影:2009/11/23
 
5)茅葺屋根の農家+北側に植栽された樫高垣(2階層)
三富新田で:2010/03/27

 3)ヒートアイランド現象の緩和
盛夏にも来園者「公園」の高木群は、夏に緑陰と葉からの蒸散効果でを提供してくれる。木陰は炎天下の草地より数度温度が低いので、盛夏の日中でも涼を求めて来園者がある。盛夏の日中、草地の公園を歩くのは熱中症になる危険がある。特に、幼児と老人、犬にとっては危険だ。
クールアイランド夜になっても温度が下がらないヒートアイランド現象は、日中の温度をためこむアスファルト、コンクリートの建物群、エアコンの放熱などが原因。ところが、「緑の塊」がある公園は、夜になると近隣へ冷気をにじみ出すクールアイランドになっていることが皇居、新宿御苑の調査で報告されている。「緑の塊」が近隣にあれば、それが、夜になると快適な眠りを提供する巨大な天然のクーラーなっているかもしれない。

クールアイランド: 夜、「緑の塊」から冷気が外に、にじみ出る現象
 
夏、日中に訪問できる公園は区内では少ない。撮影: ©鳥川 豊氏

盛夏でも涼を求めて来園者
撮影: ©鳥川 豊氏 

  4)地表の浸食緩和・洪水緩和・落葉の循環
樹木の枝・特に葉が一時的に雨水を貯留→洪水緩和
樹木の根間の空気層に一時的に雨を水貯留→洪水緩和
落葉層がスポンジのように雨水を吸収→洪水緩和
土が流れやすい斜面に落葉層があれば→地表侵食緩和
落葉層がクッションになって雨滴衝撃を吸収→土壌侵食緩和
落葉層は空気・水分を保つので→野生生物の生息の場
------ 2015/04/06
落葉の循環: 地表に堆積した落葉は、ダンゴムシ、ミミズ、微生物などの多くの土壌動物によって分解され
  腐葉土となり、その養分が水に溶け、植物の根がその養分を吸収し、再利用されている。
★参考サイト「命の循環NHK for school
・ 明治神宮
では落葉、枯枝、剪定枝
などを外部に出さず、境内で堆積させてきた。その結果、分解された
  落葉などは腐葉土となり、今では参道と樹林地との高低差は約1mになっている。
  約100年で約100cm(1m)の高さの土に還ったことになる。★下写真参照(撮影:2015/04/06)
★参考サイト*1明治神宮の自然」、「ウォーターネットワーク」の「明治神宮奉納コンサート2002
★参考番組:NHKスペシャル「明治神宮不思議の森-100年の大実験」2015/05/02放映。
★本サイト「
緑の回廊」の5緑をつなげる」から下部(3)の「エコガーデン」を選んでください。
実施した腐葉土作りをご覧になれます。ここの落葉溜ではカブトムシの幼虫を確認していません。 同じ区内でも下2段中央写真の善福寺公園ではカブトムシの幼虫を確認しています。この違いは、市街化度 の違なのでしょうか。
落葉溜は雨水浸透桝より有効?
・ 荻窪八幡宮の宮司様のお話しを聞く機会がありました。「神社内の落葉 は外に出さず境内で溜めているので、境内地からは雨水を外部に出していない」旨のお話しでした。上述の「明治神宮」と同じですが、「落葉の循環」の過程で雨水の一時貯留もしているのです。
造園士の方のお話: 庭のある方は穴を掘って落葉を詰めれば、1)雨水浸透桝の役割を果たし、2)1年後には落葉が腐葉土になり、「一石二鳥」とのこと。落葉は葉の厚みなどで分解時間が違うので、狭い場所ではケヤキ、サクラなど落葉樹の葉のみにすると分解時間が一定になるので、均一な腐葉土が出来上がります。雨水浸透桝の設置を義務化している地域もあるようですが、落葉溜と並行して利用してみてはいかがでしょうか。

林試の森公園の看板を撮影:同公園は落葉を園内で溜めて雨水が周辺へ流出しない工夫をしている

明治神宮(JR原宿口)
外国からの方が多かった。撮影:2015/04/06
 
参道と左手の林の高さの違いに注目。左写真左の鳥居の足元で撮影:2015/04/06

*1参道から森を見ると1m以上土が盛り上がっているのがわかる。これは木々の葉が森に返され、腐葉土となったものだ」。上写真の右手の土手に白い点々が見えるが、これは最盛期のクサイチゴの花々。明治神宮で撮影:2015/04/06

杉並区「落葉感謝月間」に参加し、区道の落葉を落葉溜に入れる作業をした際に撮影。落葉を柵の中に詰め込み、大人数人で踏み固め、上からシートを敷き、飛ばないように枝を数本置いた。それだけで1年後には立派な腐葉土になった。撮影: 2012/11/21 

落葉溜にカブトムシの幼虫が落葉溜のある地域にカブトムシが潜在的に生息していれば、落葉溜の中にカブトムシが卵を産み、幼虫が育っていることがある。(注意)地域外の昆虫の持込は、遺伝子汚染につながる危険がある。地域外で採集した昆虫は自宅で、外に出ないよう注意して飼育して下さい。撮影:2010/10/27。

 5)土砂崩壊の緩和
「公園」に今も残っているクヌギ(どんぐりの木)は「深根性・直根性で土をつかみ、斜面の土崩れ防止に役立っている 『日本一木を植えた男-宮脇 昭』日本放送出版協会、2005.06/07 P105
クヌギの落葉の活用方法
循環型農業をしていた時代には、1)落枝などは集めて焚きつけに、 2)その灰は灰肥として畑の肥料に、3)落葉は集めて腐葉土にして畑で利用した。
公園」の斜面地に植栽されたクヌギ:1)下池東側の「公園」の外にある「美濃山」斜面、2)「公園」上池の東屋の西側斜面、3)上池の通称「クヌギ広場」の西側斜面。いずれもクヌギ中心の農用林だった。クヌギは主に炭にして出荷され、落葉は上述の様に利用された★本サイトクヌギを参照
斜面地にクヌギを植栽したのは、下左端の模式図で分かる通り、1)畑には利用できない場所を農用林として活用し、2)同時に斜面の土砂崩壊防止に役立てていた。まさに適地・適農

クヌギ等(どんぐりがなる木
根性・直根性で土をつかみ、斜面の土砂崩壊防止に役立

出典『杉並の地形地質と水環境』杉並区、2007、P81の図:一部改編。画像©杉並区
大正期ぐらいまでの武蔵野台地の土地利用
①平地:水入手が困難なため乾燥に強い野菜畑、
②川沿低地(水が入手可能:田んぼ、
③斜面土砂崩壊防止の機能を持つクヌギ・コナラ中心の農用林(炭・薪・肥料など)。自然に学び、自然に即した適地・適農の循環型農業が実施されていた。
 

 6)レクリエーションの場
 市街地にある「公園」だが四季折々に草木、昆虫、野鳥などの自然を感じながら散策できるので、多くの人々が来園している。  

こいのぼり泳ぐ頃:幼稚園児
 
新緑の頃:幼稚園児たち。撮影:©鳥川 豊

冬もカモ類見学の来園者がある。撮影:©鳥川 豊

7)教育・学習の場  2017/05/14 NEW

善福寺自然かんさつ会」主催者安藤伸良氏・宇田川文明氏。毎年、年3回、善福寺風致公園で観察会を実施。この日は、武蔵野東小学校のエコクラブの生徒さんたちに特化した観察会。
2017/05/14:テーマ:花と虫の関係。あいにくの曇りで、移動する昆虫たちの動きは活発ではありませんでしたが、★下写真の昆虫たちなどを観察できました。その代わり、
植物の葉の香り:サンショウ、クサギ、ゲッケイジュ(ローリエ)、ドクダミ・花の香:スイカズラ(蜜も味わいました)、スダジイ、ニオイツツジを感じてもらいました。
観察会の結果(★下画像参照)6班:
参加者30名(子供:25人・大人5人)+スタッフ:20人。
次回観察会日程とテーマ: 2017/08/5(土)夜。 テーマ: セミの羽化

善福寺風致公園で撮影:  2017/05/14 (一部説明のために別の日に撮影した写真を含む)
武蔵野東小学校の参加者の皆さん
エノキにいたアカボシゴマダラの蛹

アカボシゴマダラの成虫
ラッキーなことに、アカスジキンカメムシの変態の違いを観察できました

終齢幼虫(1)

脱皮途中(2)

成虫(3)
テントウムシの成虫、テントウムシの幼虫がアブラムシを食べている姿を目の前で観察できました  

こんなにアブラムシがいました。でもテントウムシの幼虫・成虫が食べてくれます。画像:©武蔵野東小学校

テントウムシの幼虫: こんな姿をしています。アブラムシなどを食べる肉食者です。

色々なテントウムシがいました」と発表する参加者。それを解説する榊氏。画像©武蔵野東小学校。
その他  
 
スイカズラ(honey suckle)の花の蜜を味わった参加者は「甘い!」

チョウの気持ちになって、楊枝で花の奥にある蜜を探りなめると、「甘い!」。
 
参加者と支援したボランティア(スタッフ)に配られたカンバッチ

8)野生生物の生育・生息の場 
貴重な動植物はお金では買えない地元の宝
生物多様性基本法」(2006/06/06施行)の前文「我らは、人類共通の財産である生物の多様性を確保し、そのもたらす恵沢を将来にわたり享受できるよう、次の世代に引き継いでいく責務を有する」。 (第3条~第7条)では、生物多様性の保全と持続可能な利用について基本原則を定め、国、地方公共団体、事業者、国民及び民間の団体の責務を規定している。
下記掲載写真でも分かる通り、区内の貴重種は湿潤な環境に生育・生息する動植物が多い。
参考資料:『レッドデータブック東京2013』東京都環境局、2013発行
レッドデータ種(ここではRD種と略す)

 『レッドデータブック東京2013』画像©東京都環境局、2013。ここでのカテゴリー区分は、上本を使用。

シロバナサクラタデ:P84:EN絶滅危惧 I 類水辺環境。撮影:2011/10/02

ニリンソウ P91、NT準絶滅危惧。春植物、湿潤な落葉樹下。撮影:2011/04/15。★本サイトクヌギ参照

マコモ:P250、NT準絶滅危惧水辺環境。撮影:2012/10/29。★本サイトマコモ参照

ハンノキ:P78、VU絶滅危惧 II 類水辺環境。ミドリシジミの食餌植物。撮影:13/06/24。★本サイトハンノキ参照 

コムラサキ:P565、保留種。河川沿いのヤナギ類。撮影:©高久晴子氏。★幼虫は下段写真を参照。★本サイトアカメヤナギ参照 

ミズイロオナガシジミ:P556留意種食餌植物:クヌギ・コナラなど。撮影:2010/06/12©浅野井律子氏。★本サイトコナラ参照

オオミズアオ:P573、VU絶滅危惧 II 類。撮影:2011/04/24©安藤伸良氏。
★本サイトミズキ参照

モノサシトンボP424、DD不足水辺環境。撮影:2013/07/29。★本サイトマコモ参照 

ハグロトンボ:P426、VU絶滅危惧 II 類。撮影は別地。水辺環境。確認2013/07/29。★本サイトマコモ参照

アズマヒキガエル:P393、NT準絶滅危惧池で産卵。水辺の減少で個体数減少。下池で撮影:2011/10/12

ニホントカゲ:P383、CR+EN絶滅危惧 I 類。石垣等の減少で個体数が減少。上池で撮影: 2017/05/06
 
ニホンカナヘビ:P383、VU絶滅危惧 II 類タケ枝の粗朶を置いたら個体数が増加した。上池で撮影: 2017/05/06
 
ニホンヤモリ:P383、VU絶滅危惧 II 類。建築物の変化で減少。上池で捕まえて撮影:2009/05/15

アオダイショウ:
P384、NT:準絶滅危惧。上池で撮影:2010/05/09。下池でも見ている。2017/05/06、観察会下見で見ている。
 
アズマモグラ:P306、留意種ミミズなどの餌が得られる環境。下池で撮影:2009/06/10

カイツブリ:P327、NT:準絶滅危惧。 下池で撮影:2014/10/24©高久晴子氏。★本サイトマコモ参照

オオタカ:
P353、CR:絶滅危惧 I 類。「公園」は冬期の行動圏内で、営巣はせず。下池で撮影:2009/01/22©高久晴子氏
『杉並区自然環境調査報告書(第6次)』P153 でニホンアカガエルEN絶滅危惧 I 類P395)が確認された。但し、人為的に放出された可能性を含んでいるとのこと。下掲載写真はボランティア作業中に撮影した個体。記: 2015/05/15

撮影:2010/07/28
 
撮影:2010/09/15
 
撮影:2010/09/15

9)美景観の創出
「公園」は、毎月、季節の変化が楽しめる市街地の中のオアシス。ここでは「公園」の四季を紹介。

早春のコブシ:撮影:©鳥川 豊氏

桜散る: 撮影:©鳥川 豊氏

鯉のぼり: 撮影:©鳥川 豊氏

フジ棚:撮影:©鳥川 豊氏
 
夏雲とヨシ原:撮影:©鳥川 豊氏

イロハモミジと思い出ベンチ


Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.