ここはです。杉並区の自然・地元に残るお宝について学んでいます。

梅雨の季節】 善福寺風致公園で撮影: 鳥川 豊氏
Since:平成22(2010)年03月01日 サイト最新更新日:平成30(2018)05/22
 新着情報:What's NEW309【季節の話題】・【季節の植物】・シダの勉強
【季節の話題:上井草の株立ち植栽を歩く夏の様に暑い日でした。ご近所さんと★去年本サイトで紹介した株立ち植栽で街づくりをしている上井草の街を散策しました。去年販売されたザパークハウス上井草の植栽は、ヤマボウシが満開で、株立ち植栽の足元のサツキも満開でした。井草中学(上井草3-20-11)北側の株立ちの一種、アオダモは果実をつけていました。★本頁下に6枚の写真を掲載しました。
【季節の植物-ウツギ】ウツギ(左をクリックすると★
本サイトのそれへジャンプ)が満開です。★本頁下に3枚の写真を掲載しました。

シダの勉強
42回目:クマワラビ】2018/05/22に一部訂正と写真追加(new 4枚):
M氏からご指摘をいただき、下部に掲載した写真のコメント、羽片 を 小羽片 に訂正しました。間違いを教えていただき、ありがとうございました。これからもおかしな点がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。また、今日、2018/05/22に撮影した写真を4枚追加しました。
2018/05/21記載: 杉並区自然環境調査報告書-第6次』に掲載された種を確認しています。
本頁下6枚の写真を追加掲載しました。
【シダの勉強
【参考図書】
*1
『葉によるシダの検索図鑑』阿部正敏、㈱誠文堂新交社:2006/09/30:絶版
*2『日本産シダ植物標準図鑑 I 』海老原 淳、㈱学研プラス、2017/10/16(2版)
*3『日本産シダ植物標準図鑑 II 』海老原 淳、㈱学研プラス、2017/04/11(初版)
*4『日本の野生植物シダ』岩槻邦男、㈱平凡社、1992/02/04(初版)
*
5『しだの図鑑』光田重幸、©㈱保育社:1993/07/01(重版)
*
6『フィールド版 写真でわかるシダ図鑑』池畑怜伸、©トンボ出版:2016/05/05(重版)
【和名-学名は YList を使用】 「米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info」
『杉並区自然環境調査報告書-第6次』 は杉並区のサイト>「杉並区自然環境調査報告書-第6次」から閲覧可能。
勉強中です。おかしな点などがありましたら、ご指摘をいただきたく宜しくお願いいたします。

まちづくり上井草の拠点 ゲンロ&カフェ (上井草 3-15-15)でコーヒーを飲み、一息つけました。井草中学北側の株立ち植栽で見かけたモクセイ科のアオダモです。撮影: 2018/05/16

1) カフェの裏側玄関

1-2)杉並デザイン賞を受賞した建物

1-3)アオダモの果実 
ザパークハウス上井草の株立ち植栽、その後: 撮影: 2018/05/16
杉並区上井草 3-48-1 

2-1)株立のコハウチワカエデ 

2-2)西側道路面:3階層の植栽 

2-3)ヤマボウシが満開
ウツギの花 

3-1)善福寺風致公園で鳥川 豊氏が撮影:2009/05/24

3-2)都下で撮影:2013/05/22
 
3-3)杉並区内の植栽地で撮影:2018/05/17

32Dl 【クマワラビ(熊蕨)*1P87/*3P128・362・381/*4P190
オシダ属(Dryopteris)ギリシャ語の「カシ」と「シダ」の合成語
学名 【クマワラビ】Dryopteris lacera (Thunb.) Kuntze。種形容語の意味:*5:P172「不規則に切れこんだ」。
和名 【熊蕨*3「葉柄基部の鱗片が熊の手のようなシダ植物」。
基準産地 *3【長崎県、箱根】
要点①下表参照。②常緑性。③高さ:下表参照。④葉身:長楕円状披針形、羽片:2回羽状複生(切れ込みが独立して羽状になる)。⑤j栄養葉と胞子葉:*3「部分二形」(胞子嚢群のつく羽片:小羽片はやや小さくなる)、苞膜は円腎形、胞子嚢群は円形。下表参照。
撮影: 東京都で撮影。
杉並区自然環境調査報告書-第6次』:「在来」掲載。
  ①分布 ③高さ 葉柄鱗片  ④裂片表 胞子嚢群のつく場所など 
クマワラビ  北・本・四・九、明るい林下 60cm
(中)
褐色 葉脈が窪む。鋭頭  先端のやや縮小した部分にだけつき、胞子飛散後、枯れる。
オクマワラビ 本・四・九、林下 80cm
(中)
黒褐色 葉脈はあまり窪まない。 鈍頭 上半分につき、その羽片は縮小せず、胞子飛散後も枯れない

1)放射状に葉を広げる。撮影:2018/03/25

2)羽片小羽片先端は尖る。撮影:2018/03/25

3)羽片小羽片葉脈は窪む。撮影:2018/05/22。new
胞子嚢群のつく羽片:小羽片はやや小さくなる。撮影:2018/05/22 new

やや小さくなる小羽片の葉表。

やや小さくなる小羽片の葉裏。

胞子嚢群:左の一部を拡大。
クマワラビの新芽  

鱗片に包まれた、まだ硬い新芽。撮影:2018/03/17

褐色の鱗片に包まれた新芽-1。撮影:2018/03/25
 
褐色の鱗片に包まれた新芽-2。撮影:2018/03/25

平成30(2018) & 平成29(2017/12月): What's new.
  メニューNo.・項目 掲載 2018/2017 内容とジャンプの手順
シダの勉強:2018  05/22 まだ上メニューから入る準備ができていません。ご容赦下さい。
地元学「観泉寺」:2017 12/27  上メニュー2段、黒ボタンの左から6番目「観泉寺」」をご選択下さい。
植物のMENU:2017  12/03 上メニュー最上段、白色ボタンの左端「植物MENU」からご選択下さい。
本サイトについて    本ページ上部のメニューボタンの内、準備できていないものはボタンに字が書かれていません。順次オープン予定です。ご容赦下さい。 

2017/09/25から新カウンター:
アクセスカウンター
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.