ここはです。杉並区の自然・地元に残るお宝について学んでいます。

秋の季節】 善福寺風致公園で撮影: 鳥川 豊氏
Since:平成22(2010)年03月01日 サイト最新更新日:平成30(2018)09/20
 新着情報:What's NEW328【季節の写真】・シダの勉強
1
秋告花:ヒガンバナ 秋のお彼岸の頃に忘れずに咲くヒガンバナは、猛暑だった夏の終わりを知らせる秋告花ではないでしょうか。
本頁下に 3枚のヒガンバナの写真を掲載しました
。ヒガンバナは、いつの間にか、ヒガンバナ科になっていました。善福寺風致公園で赤いヒガンバナと同時に、白花のシロバナマンジュシャゲが咲いていました。
2
シダの勉強上段メニューから入れるようにしました。今回はヒメシダ科です。
入り方:最上段にあるメニュー、白色ボタン、左から4番目、「植物:シダ」をご選択下さい。
3メニュー表から、25番目の「ヒメシダ科」をご選択下さい。(100枚ほど)の写真を掲載しました。
まだリンクができていない残りの科は、30番目のメシダ科、32番目のオシダ科です。
勉強中です。おかしな点などがありましたら、ご連絡をいただきたく宜しくお願いいたします。
3
 

講演会】 「発見、善福寺にアザミの新種(ゆうゆう善福寺館)」
参加申し込み: 「ゆうゆう善福寺館」の下記電話へお申し込みください。
年・月・日・時: 2018/10/27(土)、午後2時~4
場所ゆうゆう善福寺館」 杉並区善福寺2丁目2618号、電話:03-3394-8963、(駐車場はありません)、 JR中央線「荻窪駅」北口 関東バス0 (南善福寺行き荻36) 「東京女子大北」下車 徒歩0分。
参加費: 高校生以上 500円/人
講師: 門田裕一氏、国立科学博物館名誉研究員。日本のアザミ研究の第一人者で、新種、仮称「ゼンプクジアザミ」の発見者です。関連情報は、本サイト地元学:東京女子大学】(左をクリック下さい。ジャンプ後、4をご選択下さい)。  

4 本頁は数日で更新することがあります。予めご了解下さいますようお願いいたします。 

秋告花: ヒガンバナ】: 撮影:善福寺風致公園で2018/09/15 & 16

1) 蕾: 突然、土の中から40cm程の花茎が出て、その先から、数個の蕾をつけます。

2) 花: 赤い花被片(花弁と萼片)の先端が反り返って華やかに見えます。花が終ってから葉が出て、冬を越します。

3)シロバナマンジュシャゲ: ヒガンバナとショウキズイセンの自然交雑とか。

   平成30(2018) 主な更新履歴
  メニュー・タイトル 掲載 2018 内容とジャンプの手順
シダの勉強 09/20
最上段部にあるメニュー、白色ボタン、左から4番目、「植物:シダ」をご選択下さい。順次掲載しています。今回はヒメシダです。
  番外編  07/28
 
最上段部にあるメニュー、水色ボタン、 右から2番目、「番外編」から 5番の「東京大学構内」を選択後、下部にある 東京大学総合研究博物館 で収蔵している昆虫コレクション(須田孫七氏コレクションを含)展示写真を追加しました。なお、2018/10/14まで須田孫七氏のコレクションを含『珠玉の昆虫標本 ——江戸から平成の昆虫研究を支えた東京大学秘蔵コレクション』が、東大総合研究博物館(本郷キャンパス)で実施されています。
地元学:東京女子大学 07/22 最上段部にあるメニュー、黒色ボタン、左から8番目、「地元学:東京女子大学」から4番をご選択下さい。門田裕一氏が2016年7月に同構内で発見した新種:仮称「ゼンプクジアザミ」関連の写真を追加しました。

2017/09/25から新カウンター:
アクセスカウンター
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.