ここはです。                 杉並区の自然・地元に残るお宝について学んでいます。

冬の季節: 撮影: 鳥川 豊氏
Since:平成22(2010)年03月01日 サイト最新更新日:平成30(2018)02/20
 新着情報:What's NEW290【季節の花】ウメなど &シダの勉強マルハチ
【季節の花:ウメなど】近所の公園では、年が明けてから咲き始めるソシンロウバイ、立春が過ぎて咲き始めた紅梅はもう満開で、白梅はようやく咲き始めました。★下部に写真を3枚掲載しました本サイト最上段にある白色ボタン「植物のMENU」のウメ と 黄色いボタンの「鳥:受粉と散布」(左の青字をクリックください)もご訪問いただけたら幸いです。

 【シダの勉強】 杉並区自然環境調査報告書-第6次』に掲載された種を確認しながら★本ページ下に掲載しています。今回は、区内を離れて暖かい新宿御苑・温室でシダの見学をしてきました。
23回目マルハチです。小笠原の固有種とのことで、現地に行かなくても見学できるのがありがたいです。
 勉強中なので、おかしな点がありましたらご連絡をいただきたく宜しくお願いします。(和名、学名とも、「YList」を使用しました)。
 シダの勉強
【参考図書】
*1『葉によるシダの検索図鑑』阿部正敏、㈱誠文堂新交社:2006/09/30:絶版
*2『日本産シダ植物標準図鑑 I 』海老原 淳、㈱学研プラス、2017/10/16(2版)
*3『日本産シダ植物標準図鑑 II 』海老原 淳、㈱学研プラス、2017/04/11(初版)
*4『日本の野生植物シダ』岩槻邦男、㈱平凡社、1992/02/04(初版)
----------------
本「HOME」は数日で更新予定です。過去の更新記録については、お手数ですが下部にある履歴に従って、上部にあるメニューからお入り下さいますようお願いいたします。
但し、シダについては、入門編が終了するまでお時間を下さい。ご理解のほどお願いいたします。

区内で撮影:2018/02/18

①:ソシンロウバイ

②: 紅梅

③: 白梅

23:ヘゴ科: Cyatheaceae
【マルハチ:丸八*2P124/347・349/*4P96
ヘゴ属: Cyathea:ギリシャ語kyathos(杯)、胞子嚢の苞膜が杯状をしているので
学名 【マルハチCyathea mertensiana (Kunze) Copel.。種形容語の意味「K.H. Mertens(1796-1830)氏の」
和名 【丸八*4「葉柄の落ちたあとが丸に逆さ八の字状の模様」。
要点: ①分布:小笠原、日本固有種。②常緑性。③*4「幹は高さ10mをこえることも」ある。④*4「茎は木生」、「葉柄の落ちたあとが丸に逆さ八の字状の模様」。⑤栄養葉と胞子葉:同形性、苞膜はない、ソーラスは円形。
撮影:新宿御苑温室で2018/02/09:①~④
借用画像: 下画像⑤~⑥を「福原のページ」から借用させていただきました。著作権は©福原達人氏にあります。スペースの関係でサイズを編集させていただきました。自身で撮影でき次第入れ替える予定でいます。

新宿御苑温室のネームプレート

温室のシンボル: 天井に届く高さの木生シダ

羽辺の新しい芽

大きい羽片: 新宿御苑の温室は二階の通路から、マルハチの羽片を見ることができます。。

葉柄の新しい芽: 画像:「福原のページ」©福原達人氏。
 
⑥和名由来:丸に逆さ八の字の模様。画像:「福原のページ」©福原達人氏。

平成30(2018) & 平成29(2017/12月): What's new.
  メニューNo.・項目 掲載 2018/2017 内容とジャンプの手順
シダの勉強:2018  02/20 まだ上メニューから入る準備ができていません。ご容赦下さい。
地元学「観泉寺」:2017 12/27  上メニュー2段、黒ボタンの左から6番目「観泉寺」」をご選択下さい。
植物のMENU:2017  12/03 上メニュー最上段、白色ボタンの左端「植物MENU」からご選択下さい。
本サイトについて    本ページ上部のメニューボタンの内、準備できていないものはボタンに字が書かれていません。順次オープン予定です。ご容赦下さい。 

2017/09/25から新カウンター:
アクセスカウンター
Copyright (C) 2010 Suginami-no-Shizengaku. All Rights Reserved.